Proj
J-GLOBAL ID:202104020585019319  Research Project code:10101710

液圧張出加工による角筒容器の成形

液圧張出加工による角筒容器の成形
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院学校教育研究科, 教授 )
Research overview:
剛体工具による通常の張出加工では、深い容器を成形することができない。さらに、円筒容器の成形に比べ、角筒容器の成形ではパンチコーナー肩部において一層加工条件が厳しいため深い容器の成形が困難である。しかし、液圧を用いて張出加工を行うことにより、パンチ肩部における破断が回避され、深い容器を成形することが期待される。本研究では、成形深さ15mmの角筒容器の張出加工を目標に取り組んだ。その結果、断面形状に若干の問題はあるものの、成形深さ15mmの角筒容器を成形することができた。また、材料流動等の詳細な測定値も求まったことから、今後、成形高さを飛躍的に向上させ、形状の改善を図る方法として、「ダイス穴周辺部圧縮による張出成形高さの向上」について取り組む予定である。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page