Proj
J-GLOBAL ID:202104020651997025  Research Project code:12102077

ジオポリマーを結合材とするポーラスコンクリートの新規開発とその応用

ジオポリマーを結合材とするポーラスコンクリートの新規開発とその応用
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 三重県工業研究所, 主幹研究員 )
Research overview:
本研究では、地球温暖化の一因とされる炭酸ガスの排出量を低減するために、セメント代替材料としての利用が期待できるジオポリマーに着目し、それらを結合材として使用したポーラスコンクリートの各種特性について評価した。その結果、結合材の反応性やコンクリートの長さ変化など、今後、より詳細に検討すべき課題を明らかにするとともに、製品化で最も重要となる強度特性や透水性能などの機能については、セメントを結合材としたポーラスコンクリートと同程度の性能が得られることを確認した。また、実製品の型枠を使用することにより、小型ポーラスコンクリートブロック製品の試作を試み、実用化に期待が持てる製品を製造することができた。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page