Proj
J-GLOBAL ID:202104020670813075  Research Project code:08001435

肝細胞分化関連遺伝子の導入による皮膚細胞からの肝細胞作製技術

肝細胞分化関連遺伝子の導入による皮膚細胞からの肝細胞作製技術
National award number:JPMJPR08F5
Study period:2008 - 2011
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生体防御医学研究所 )
Research overview:
近年、細胞の周辺環境や遺伝子発現パターンに人為的操作を加えることで、その細胞がおかれた分化状態を強制的にリセットして全く別の機能を持つ細胞を生み出せることが明らかとなりました。この新知見に基づき、本研究では皮膚細胞に適切な遺伝子導入と培養条件を提供することで、皮膚細胞から肝細胞を直接作製する技術を開発します。将来的には患者本人の皮膚細胞から肝細胞を作製し、移植や薬剤反応性テストの生体材料に用いることを目指します。
Research program:
Parent Research Project: iPS細胞と生命機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page