Proj
J-GLOBAL ID:202104020713223625  Research Project code:09156636

数理モデルに基づく植物概日リズムの制御技術の開発と植物工場への応用

数理モデルに基づく植物概日リズムの制御技術の開発と植物工場への応用
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 情報科学研究科 )
Research overview:
時計遺伝子を介した光サイクルの制御は植物工場において重要な技術である。これまでは環境サイクルとタンパク代謝系の同調が起こるように、環境刺激を試行錯誤的に調整する制御が行われてきたが、効率的化のためには、時計遺伝子の数理モデルを用いた、より高精度の制御法を設計する必要がある。本課題は、植物の遺伝子発現データの定量的性質を実現する数理モデルを構築し、得られたモデルから、時計遺伝子の最適制御技術を開発することを目的とする。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page