Proj
J-GLOBAL ID:202104020716553669  Research Project code:18070087

液晶トポロジカル乱流の構造決定と負粘性材料科学の開拓

液晶トポロジカル乱流の構造決定と負粘性材料科学の開拓
National award number:JPMJPR18L6
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学系研究科(理学部), 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18L6
Research overview:
トポロジカル欠陥からなる液晶の乱流状態は、普遍的な非平衡ゆらぎと負の粘性という魅力的特徴を示しますが、3次元構造が不明なことが障壁です。本研究では、高速共焦点観察と最新の欠陥可視化技術を組み合わせ、液晶トポロジカル乱流の3次元時空間構造を直接測定します。それにより負粘性の発生機構を解明し、統計力学的原理を洞察することで、材料設計指針や他物質への展望獲得など、負粘性材料科学の基盤創出に挑みます。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: トポロジカル材料科学と革新的機能創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page