Proj
J-GLOBAL ID:202104020718204254  Research Project code:07051300

高次高調波のコヒーレンスを利用した分子動画観測

高次高調波のコヒーレンスを利用した分子動画観測
National award number:JPMJPR07C1
Study period:2007 - 2010
Organization (1):
Principal investigator: ( , ERATO腰原非平均ダイナミクスプロジェクト, ERATO研究員/グループリーダー )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR07C1
Research overview:
近年のレーザー技術の進歩により、実験室内で高次高調波と呼ばれる軟X線を発生できるようになっています。本研究では、高次高調波のもつ「コヒーレンス」という優れた光の性質に着目して、原子や分子が非常に高速に動いている様子を直接観察する手法を開拓します。具体的には、軟X線の散乱から散乱源のナノ構造を観測する手法と、高強度レーザー電場下での電子の干渉から分子内の電子構造を読み取る手法の開発を目指します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 光の創成・操作と展開
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page