Proj
J-GLOBAL ID:202104020757925520  Research Project code:09157030

高効率ネットワーク構造形成による高熱伝導性ポリマー系複合材料の開発

高効率ネットワーク構造形成による高熱伝導性ポリマー系複合材料の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部 )
Research overview:
近年、銅・アルミニウム等の金属材料代替のヒートシンク用放熱材料としてポリマー系複合材料が注目され、複雑な形状でも成形可能な複合材料開発のニーズが高まっている。本課題は、数値シミュレーションと実験の両面から、熱を効率良く伝えるネットワーク構造(ナノ・ミクロフィラーの複合微視構造)を見出し、成形性に優れた高熱伝導性ポリマー系複合材料を開発するもので、高性能で軽量・低コストの電子機器実現に寄与することを目的とする。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page