Proj
J-GLOBAL ID:202104020792028387  Research Project code:09152905

細胞内機能ドメインが大脳皮質形成に果たす役割の解明

細胞内機能ドメインが大脳皮質形成に果たす役割の解明
National award number:JPMJPR09R3
Study period:2009 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部 )
Research overview:
細胞の中には多くの区画化された領域(細胞内機能ドメイン)があり、それぞれが機能分担を行いながら細胞機能を発揮していると考えられていますが、生物個体の中でこれらの領域がどのような役割を果たしているかは意外にも未解明な状況にあります。本研究では、脳が働くための基盤となる脳神経回路がどのようにして形成されるかという問題に対して、細胞内機能ドメインの役割から解析し、脳の形成機構およびその破綻による脳疾患の機構に迫ります。
Research program:
Parent Research Project: 脳神経回路の形成・動作と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page