Proj
J-GLOBAL ID:202104020797941676  Research Project code:7700000651

実世界指向の具象化プログラミング

実世界指向の具象化プログラミング
National award number:JPMJPR02Q2
Study period:2002 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院システム情報科学研究院, 助教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR02Q2
Research overview:
実世界にある事物やそれに対する操作のメタファーを積極的にプログラミングに活用することにより、より人間の思考に近い感覚・操作によりプログラミングが可能になると考えられ、ソフトウェアの生産性向上が期待できます。本研究は、計算機の画面上で三次元可視化されたリアクティブな具象としてのソフトウェア部品化を行ない、実世界にある事物を操作するのと同じ身体動作を伴う直接操作によって、ソフトウェア構築が可能な動的プログラミング環境を目指します。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 協調と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page