Proj
J-GLOBAL ID:202104020800913484  Research Project code:17822911

超高齢化社会における社会参加のための人間拡張・遠隔就労技術の研究

超高齢化社会における社会参加のための人間拡張・遠隔就労技術の研究
National award number:JPMJKB1601
Study period:2017 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 先端科学技術研究センター, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJKB1601
Research overview:
本研究は、ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)、バーチャルリアリティ、人間拡張技術を活用してテレワークに伴う高齢者特有の心理的・身体的制約を打破する「超人テレワークシステム」を実現し、元気高齢者の遠隔就労と社会参加を促進することを目的とする。 具体的には、日本側はテレプレゼンス技術および心理的・身体的人間拡張技術の開発、台湾側は高齢者にも使いやすいインタフェースデザイン・UXデザインを担当し、高齢者のアクティブな社会参加を可能にする遠隔就労技術の研究を行う。 日台の研究チームが相互補完的に取り組むことで、高齢者にとって使いやすく、高齢者の持つ心理的・身体的制約を超えてアクティブに社会参加することを促す実用的な遠隔就労システムの実現が期待される。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Parent Research Project: 超高齢社会における高齢者のケアと支援のためのICT
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page