Proj
J-GLOBAL ID:202104020818982645  Research Project code:08068860

メモリー機能を示す新規インテリジェントポリマー材料の創成

メモリー機能を示す新規インテリジェントポリマー材料の創成
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院ソシオテクノサイエンス研究部, 講師 )
Research overview:
これまでに、アルコールなどの添加剤存在下、低温でアクリルアミド誘導体のラジカル重合を行うと、イソタクチックからシンジオタクチックまでの幅広い立体構造を有するポリマーの合成に成功した。本課題では、N-アルキルアクリルアミド類の低温光ラジカル共重合を行い、新規感熱応答性ポリマーを合成する。複雑なモノマーを設計することなく立体規則性および共重合モノマー連鎖分布を制御するだけで、昇温時および降温時の相転移温度の差が非常に大きなポリマーを合成し、メモリー機能を有する新規インテリジェントポリマー材料としての開発を目的とする。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page