Proj
J-GLOBAL ID:202104020861682108  Research Project code:08068969

電圧サージ抑制スナバを用いたリカバリレス昇圧チョッパ回路の開発と特性評価

電圧サージ抑制スナバを用いたリカバリレス昇圧チョッパ回路の開発と特性評価
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 総合理工学部電子制御システム工学科, 講師 )
Research overview:
現在市販されているハイブリッドカーでは、高効率化、高出力化のため、高電圧によるモータ駆動が導入されている。この高電圧発生用回路として低損失、低ノイズ実現可能なリカバリレス昇圧チョッパ回路が提案されているが、ダイオードの電圧サージの問題が付随してくる。この問題に対し、ダイオードの耐圧、部品点数を最小限に抑制しながら、リカバリレス昇圧チョッパ回路のダイオードサージ電圧を低減可能な新しいスナバ回路を提案し、その効果に対して実験機による有効性の検証を行う。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page