Proj
J-GLOBAL ID:202104020871711947  Research Project code:12102195

発泡ガラスを素材としたホウフッ化物イオン除去材の開発

発泡ガラスを素材としたホウフッ化物イオン除去材の開発
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 地域学部, 特任教授 )
Research overview:
ソーダ石灰ガラス粉末にアルミニウム、マグネシウム化合物及び発泡剤とし炭化ケイ素を混合した後、約900°Cで焼成して得られたガラス発泡体を水酸化ナトリウム溶液中で水熱処理するという一連の工程によりホウフッ化物イオン(テトラフルオロホウ酸イオン、BF4-) の除去材を製造した。 ガラス発泡体へのアルミニウム及びマグネシウム化合物の添加量、振とう時のpH、温度、時間の影響について検討したところ、BF4-を分解できることを見出した。この分解には、共存イオンの影響がなく、また、生じたフッ化物イオンは水熱処理ガラス発泡体により吸着除去できることを明らかにした。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page