Proj
J-GLOBAL ID:202104020871973828  Research Project code:11103771

生活習慣病による進行性腎障害に関わるエピジェネティック異常の解明と診断・治療への応用

生活習慣病による進行性腎障害に関わるエピジェネティック異常の解明と診断・治療への応用
National award number:JPMJCR11D7
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学系研究科 )
Research overview:
糖尿病、高血圧による透析導入患者数は増加しており、腎機能の低下が心臓や血管の病気のリスクとなることからも早期に腎機能低下を防ぐための医療が急務です。本研究では、糖尿病腎症をモデルにエピゲノム制御機構の異常が生じるメカニズムを明らかにします。さらにエピゲノム制御をターゲットにした生活習慣病の新規診断法の開発、治療創薬の基盤形成を目指します。
Research program:
Parent Research Project: エピゲノム研究に基づく診断・治療へ向けた新技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Research project status (1):
  • transferred 平成26年度(2014年度)をもってAMEDに移管

Return to Previous Page