Proj
J-GLOBAL ID:202104021198413412  Research Project code:12101890

プラチナ炭素を触媒としたC-F及びC-H結合の効率的活性化

プラチナ炭素を触媒としたC-F及びC-H結合の効率的活性化
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 薬学部 )
Research overview:
プラチナ炭素(Pt/C)を触媒としてイソプロパノール(i-PrOH)中攪拌するのみで、水素ガスを全く使用せずに、芳香族フッ素化合物の脱フッ素化が進行すること、水と弱塩基の添加で反応の効率が格段に向上する事を見いだした。本研究期間の前半は、C-H結合やC-F結合の穏和で効率的な活性化法の開発を目的として、Pt/Cとi-PrOHを組合せた水(重水)を水素(重水素)源とした「芳香族フッ素化合物の簡便で選択的な脱フッ素化法の確立」と「水素ガスを使用しない重水素標識反応」における反応条件の最適化をそれぞれ詳細に検討し、効率的方法論として確立することができた。後半では、「水素ガスを使用しない重水素標識反応の適用性の検討」と、「芳香核還元反応」を中心に、実用的手法としての確立を目的として研究し、方法論として確立することが可能となりつつある。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page