Proj
J-GLOBAL ID:202104021218014684  Research Project code:20348614

Social Distancingによる社会の脆弱性克服・社会的公正の回復と都市の再設計

Social Distancingによる社会の脆弱性克服・社会的公正の回復と都市の再設計
National award number:JPMJRX20J6
Study period:2020 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 持続発展・スマートシティ国際研究センター, センター長・教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX20J6
Research overview:
COVID-19感染対策として多くの国がフィジカルディスタンスの確保を推進している。一方で、家族、職種、地域コミュニティの分断や格差などの課題を生み、感染症対策に対する都市・社会の脆弱性が浮き彫りになっている。本プロジェクトは、フィジカル・ソーシャルディスタンスが個人や社会にもたらす影響について、地理や居住・空間利用、経済、環境などに関する都市圏データとともに、位置情報に基づく人々の行動変容のビッグデータ、暮らしや医療へのアクセシビリティなど人の生活の質(QOL)に関する価値観データなどを統合的に分析し、諸外国との比較も行いながら、科学的エビデンスを抽出する。それらを基に、倫理的・法制度的・社会的観点にも配慮したこれからのディスタンシング対策や行動変容の手法の検討、都市再設計のための、都市・コミュニティの脆弱性や社会的公正を評価する手法を開発する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: Responsible Innovation with Conscience and Agility (RInCA)
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page