Proj
J-GLOBAL ID:202104021244498428  Research Project code:7700400043

ADAM8の機能解析から新しい喘息の予防・治療薬の開発へ

ADAM8の機能解析から新しい喘息の予防・治療薬の開発へ
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部先端医工学センター, 教授 )
Research overview:
我々が最初に報告したADAM8 はアレルギー炎症惹起に関与するが、特に喘息発作抑制を示し、喘息治療のターゲットになり得る。ADAM8 はもともと生体内で微量に発現している蛋白で、これまでの治療薬と異なる作用機序で、副作用が低いと予想される。これまでADAM8 の喘息発作抑制機能の報告はなく、有効部位を特定して新しい種類の治療薬開発を目指す。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page