Proj
J-GLOBAL ID:202104021269040655  Research Project code:09157166

魚類の腸内発酵生理を利用した魚類体表面粘液増加飼料の開発

魚類の腸内発酵生理を利用した魚類体表面粘液増加飼料の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生物理工学部 )
Research overview:
研究者は魚類の腸内発酵とその生理作用の研究をすすめており、そのなかで魚類に給与した腸内発酵物質が、腸の粘液産生細胞を増加させることを見出した。健康な魚類には体表面に粘液が多いことからこの研究では、腸の粘液分泌を増加するような腸内発酵物質と、体表面粘液の増加との関係を究明し、腸内発酵物質を利用した養殖魚の体表面粘液増加飼料を開発する。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page