Proj
J-GLOBAL ID:202104021306265301  Research Project code:20344942

最適点配置問題に内在する近似的凸構造の探求と活用

最適点配置問題に内在する近似的凸構造の探求と活用
National award number:JPMJPR2023
Study period:2020 - 2023
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院情報理工学系研究科 )
Research overview:
ユークリッド空間内の領域に有限個の点を「最もバランス良く」配置する問題は、数学・物理・情報などの分野で解決が求められています。この問題に対しては様々な最適化手法が多くの場合に考案されていますが、一般的な解法や理論が確立されているとは言えません。本研究では、これらの手法に対して数学的な基礎付けを行い、さらにそれらを統合する「近似的凸性」という統一的視点を見出し、最良点配置の理論と算法を確立します。
Research program:
Parent Research Project: 数学と情報科学で解き明かす多様な対象の数理構造と活用
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page