Proj
J-GLOBAL ID:202104021335481463  Research Project code:16822258

次世代ガスタービン高温部品への適用を目指した革新的耐熱超合金粉末に関する研究

次世代ガスタービン高温部品への適用を目指した革新的耐熱超合金粉末に関する研究
National award number:JPMJAL1604
Study period:2016 - 2018
Organization (1):
Principal investigator: ( , 材料G, 主席研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJAL1604
Research overview:
ガスタービン高効率化の為、現在作製不可能な複雑冷却構造の積層造形(AM)による作製が検討されています。しかし、現用Ni基超合金によるAM材は、混入する酸素、窒素の影響で、クリープ強度が著しく低く適用が困難です。本研究では、Ni基超合金の強化相γ’を構成する酸化し易いAl,Tiに替る新規元素探索や酸素・窒素の許容量を高める合金設計を相平衡解析に基づき行い、AM材用革新的耐熱超合金粉末を開発します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 耐熱材料・鉄鋼リサイクル高性能材料
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page