Proj
J-GLOBAL ID:202104021393938260  Research Project code:09157730

X線照射を利用した可逆性着色ガラスの開発

X線照射を利用した可逆性着色ガラスの開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 常滑窯業技術センター, 主任 )
Research overview:
多量のFe,Co等の着色剤を含んだ着色ガラスや一般的な透明ガラスにX線を照射して着色したガラスがあるが、色を消せないことや色が薄く安定性が低いことなどの問題があり、一般的なガラス瓶のリサイクルなどの用途に限られている。本研究では、ガラス基板やセラミックスコーティングしたガラス基板を対象に、それらの組成や着色条件をを検討し、色が濃く安定した、パターン形成も可能な熱可逆性のある着色ガラスの開発を行う。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page