Proj
J-GLOBAL ID:202104021434975281  Research Project code:10101942

ミヤコグサ毛状根を利用したAM菌胞子の増殖技術の開発

ミヤコグサ毛状根を利用したAM菌胞子の増殖技術の開発
Study period:2010 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 生命環境科学研究科 )
Research overview:
アーバスキュラー菌根(AM)菌の、の感染、菌糸伸長、胞子の形成、再感染の過程をミヤコグサ毛状根培養系で再現して、共生実験に利用できるAM菌胞子の効率的供給方法を提案することを目的とした。表面殺菌したGlomus intraradicesとGigaspora margaritaの胞子を毛状根に接種し、感染、内生菌糸の伸長、樹枝状体の形成、外生菌糸の伸長、培地中での胞子の再形成を誘導することができた。また、より効率的な感染のための毛状根の継代培養の期間と胞子接種位置を明らかにし、胞子形成率を高めることができた。一方、供試菌株は上記2種に限られ、他の菌種への応用についてはさらなる検討が必要である。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page