{{ pagetopTitle }}

J-GLOBAL WebAPIの概要と特徴

J-GLOBAL の検索機能・出力データを自身の Webサイトで利用するための、「WebAPI」プログラムの提供を開始します。「WebAPI」は、J-GLOBAL の機能を他のサイトで利用できるようにするプログラムで、そのプログラムを組み込むことにより、手軽に J-GLOBAL の検索機能を使い、結果として得られた J-GLOBAL のデータを、自身のサイトで組み合わせて利用することができます。

 

この WebAPI は、利用者自身が管理・運営しているWebサイト上で、Javascript をベースとしたスクリプトを組み込んだ Web ページを作成いただくことで、J-GLOBAL がもっているリソースを検索し、取得された検索結果を加工するなどして、検索結果を表示することができるインタフェースです。

J-GLOBAL WebAPI の特徴は、下記の通りです。

  • WebAPI が対象とする基本情報は「文献」、「科学技術用語」、「化学物質」、「資料」の4種類です。
  • J-GLOBAL サイトの検索結果一覧と同等レベルの情報を取得できます。
  • 検索結果は、あらかじめレイアウトが決まっていて簡単に実装できる HTML 形式と、項目ごとにデータを取得し、自由なレイアウトが可能な JSON 形式の二種類で取得できます。

J-GLOBAL WebAPIの概要と特徴

J-GLOBAL の検索機能・出力データを自身の Webサイトで利用するための、「WebAPI」プログラムの提供を開始します。「WebAPI」は、J-GLOBAL の機能を他のサイトで利用できるようにするプログラムで、そのプログラムを組み込むことにより、手軽に J-GLOBAL の検索機能を使い、結果として得られた J-GLOBAL のデータを、自身のサイトで組み合わせて利用することができます。

 

この WebAPI は、利用者自身が管理・運営しているWebサイト上で、Javascript をベースとしたスクリプトを組み込んだ Web ページを作成いただくことで、J-GLOBAL がもっているリソースを検索し、取得された検索結果を加工するなどして、検索結果を表示することができるインタフェースです。

J-GLOBAL WebAPI の特徴は、下記の通りです。