{{ pagetopTitle }}

J-GLOBAL WebAPI利用規約

科学技術総合リンクセンター(以下「J-GLOBAL」といいます。)は、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」といいます。)が運営する情報提供サービスです。
J-GLOBAL WebAPI利用規約(以下「本API規約」といいます。)は、J-GLOBALのアプリケーション・プログラミング・インターフェース(以下「API」といいます。)を利用する利用者(以下「API利用者」といいます。)の遵守すべき事項を定めるものです。ご利用の際は、以下の本API規約をよくお読みになり、同意の上、所定の利用登録を行ってください。
なお、本API規約の他、J-GLOBAL利用規約、およびAPIからリンクされた他サイトや利用する個別サービスの利用規約が存在する場合は、それらの利用規約にそれぞれ従ってください。

1. 利用登録

1-1. APIの利用希望者は、本APIの利用登録(以下「API利用登録」といいます。)として、メールアドレス、アカウント情報およびAPIを利用するURL(以下これらを併せて「登録情報」といいます。)を登録し利用申請を行い、JSTの承認がなされた後に認証キーの発行を受けることが必要です。
1-2. APIの利用希望者は、APIの利用申請をした時点で、本規約に同意したものとみなします。
1-3. JSTは、JSTが不適切と判断した場合、API利用申請を拒絶することができるものとします。また、API利用登録の承認後であってもJSTが不適切であると判断した場合は、JSTは本規約に基づき、API利用者の登録を取り消すことができます。
1-4. API利用希望者および利用者は、JSTによるAPI利用申請の拒絶ならびに登録の取り消しに対し、異議を述べないものとします。
1-5. API利用申請に際しては、利用希望者本人が自分の情報を正確に入力し、登録するものとします。本人以外の情報の登録や代理人による登録は一切認められません。
1-6. API利用者は、API利用登録後、登録情報に変更が生じた場合には、直ちに登録情報の変更を行うものとします。

2. 認証キー

2-1. JSTは、APIが利用される際に、入力された認証キーがAPI利用者のものと一致することをJST所定の方法で確認した場合、当該API利用者による利用があったものとみなします。
2-2. API利用者は発行された認証キーの管理責任を負います。発行された認証キーの第三者への譲渡・貸与・開示は行ってはなりません。
2-3. API利用者は、認証キーの管理不十分・使用上の過誤・第三者の使用等に起因する損害について、API利用者自ら責任を負うものとします。また、認証キーが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、速やかにJSTに連絡しなければなりません。
2-4. 認証キーが不正利用され、API利用者自身の損害もしくは第三者への損害が発生した場合でも、JSTは一切の責任を負いません。
2-5. JSTは、API利用者が本API規約を遵守していないと判断した場合、事前に通知することなく、当該API利用者のAPI利用登録を抹消し、3-1のAPI利用権を終了させること、および当該API利用者のAPIの再利用登録を拒否することができるものとします。
2-6. JSTは、API利用者によるAPIの利用が一定期間確認できない場合は、当該API利用者のAPI利用登録を抹消し、3-1のAPI利用権を終了させることができるものとします。

3. ライセンス

3-1. JSTは、API利用者に対し、本API規約を遵守することを条件として、APIを利用して、J-GLOBALにおいて用いられているデータ、コード、イメージ、テキスト、コンテンツ、ツール、その他の情報(以下これらを総称して「API提供情報」といいます。)の一部を、非独占的に、かつ許諾時に提示する制約条件の範囲内で利用できる権利(以下「API利用権」といいます。)を許諾します。
3-2. API提供情報は、J-GLOBAL上で管理されるデータの全てにアクセスする権限が提供されるものではありません。
3-3. JSTは、理由の如何を問わず、その裁量によりいつでも、API利用者に事前に通知することなく、3-1.に基づき許諾したAPI利用権を終了させることができるものとします。

4. 知的財産権

4-1. API提供情報の著作権は、JSTを含む各情報の提供者が保有しています。
4-2. J-GLOBALのレイアウト、デザインに関する編集著作権、ならびに本サイトに係わるシステムの著作権その他J-GLOBALに関する一切の権利は、JST及びJSTが指定する者が保有しています。
4-3. 本APIの利用により、API提供情報、ならびに本サイトに関する知的財産権その他一切の権利がユーザおよび第三者に移転するものではありません。
4-4. API利用者は、API提供情報を利用する場合、JSTより提供されたものである旨を表示するものとし、J-GLOBALへのリンクを生成するものとします。

5. 利用方法

5-1. API利用者は、APIを利用したことにより得られた結果(以下「API利用結果」といいます。)を、API利用者のWEBサイト上に表示することができます。
5-2. API利用結果を表示するWEBサイトは、無償で利用できるものに限るものとし、有償利用のWEBサイトには表示できません。

6. 禁止事項

APIの利用について、JSTは以下の行為を禁止します。API利用者がこれらの禁止行為を行った場合、JSTは、事前に通知することなく、当該行為を排除するとともに、2-5.に記載の措置その他必要な措置を講ずることができるものとします。
6-1. API利用者は、誹謗中傷、名誉・信用毀損、その他JSTまたは第三者を害する態様で、APIまたはAPI提供情報を利用できません。
6-2. API利用者は、APIまたはAPI提供情報のいずれかに表示されまたは含まれる特許権、著作権、商標権その他の知的財産権の一切の表示を除去、隠蔽、または変更しないものとします。
6-3. API利用者は、法律、政令、規則、条例、国またはJSTが定めるその他の規定等(以下「法令等」といいます)に違反する方法または態様でAPIまたはAPI提供情報を利用しないものとします。
6-4. API利用者は、APIまたはAPI提供情報を、本API規約によって明確に許諾されている範囲を超えた利用はできません。また、API利用者は、JSTとAPI利用者の関係について虚偽のまたは誤認混同させるような表示や、アプリケーションの閲覧者がアプリケーションとJ-GLOBALを誤認混同するような方法または態様による利用をしないものとします。また、API利用者は、API利用者の主たるコンテンツとしてAPIを組み込まないものとします。
6-5. API利用者は、その目的の如何を問わず、APIまたはAPIのライセンスを、譲渡、賃貸、利用許諾、その他一切の処分をしないものとし、また、APIの利用または提供から一切収入を得ないものとします。
6-6. API利用者は、その目的の如何を問わず、API提供情報の全部または一部を、譲渡、賃貸、編集・加工・翻案その他の変更、再配信、利用許諾、その他一切の処分をしないものとし、また、API提供情報の利用または提供から一切収入を得ないものとします。
6-7. API利用者は、APIの情報を機械可読な状態でAPI利用者のサーバ等に保存またはキャッシュしないものとします。
6-8. API利用者は、以下の内容を含むアプリケーション上またはアプリケーション内で、APIまたはAPI提供情報を利用しないものとします。
(1) グロテスクまたはわいせつな表現、露骨な性描写のある表現
(2) 暴力的な表現、人種・性別・宗教・国籍・身体障害・性的嗜好または年齢等による差別的な表現
(3) 公序良俗・法令等等に違反し、またはそのおそれのある表現
(4) JSTまたは第三者の知的財産権、プライバシー権、肖像権その他の権利を侵害しているもの
(5) 真実でないもの
(6) コンピューターウィルス等ソフトウエア、ハードウエアまたは通信機器等の適切な動作を妨害、破壊もしくは制限し、またはそのおそれのあるもの
(7) その他JSTが不適当と判断したもの

7. JSTの権限

7-1. JSTは、API利用者のアプリケーション上もしくはアプリケーション内のリンクの品質と信頼性を確保するために必要と判断したとき、または、法令等もしくは本API規約の遵守、ならびにJST、API提供情報のAPI利用者、その他第三者の権利・財産・安全等を確保するために必要と判断したときには、API利用者のアプリケーションをクロールその他の方法でモニターし、JSTが必要と考えるその他の措置をとることができるものとします。
7-2. JSTは、APIの運用上必要と判断した場合には、事前に通知することなく、API利用者によるAPIの利用に一定の制約条件(たとえばAPIへのアクセス回数・アクセス時間の制限、API用のURLまたはAPI提供情報へのアクセス制限等)を変更することができるものとします。
7-3. JSTは、API利用者に対し、APIによって提供されたJAPI提供情報の掲載の中止を求めることができ、API利用者は、JSTから求められた場合には、直ちに当該情報の掲載を中止するものとします。
7-4. JSTは、利用状況の把握、ランキングの作成、ユーザ入力支援等のサービス向上に資するため、アクセスログ(アクセスされた方のドメイン名・IPアドレス・ブラウザ・アクセス日時等)を取得します。

8. 調査・アンケート等

JSTは、API利用者にJSTが実施するJ-GLOBALに関する調査、アンケート等に協力をお願いすることがあります。

9. APIの提供の停止、中断、終了

JSTは、事前に通知することなく、保守点検、故障への対応、その他必要のある場合はいつでもAPI利用者に対するAPIの全部または一部の提供を停止または中断または終了することができるものとします。

10. 個人情報

APIユーザは、個人情報について以下の各号に従って取り扱われることを了解するものとします。
(1) API利用者の登録情報に含まれる個人情報は、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律およびJSTが別途定めるプライバシーポリシー(http://www.jst.go.jp/privacy.html)に則り、APIの適切かつ円滑に運用するために使用するものとします。
(2) JSTはJ-GLOBALの運用および運営する場合に、保護措置を講じた上で、API利用者の個人情報を当該業務委託先に預託することがあります。

11. 免責事項

11-1. JSTは、以下の項目について一切保証しません。
(1) APIまたはAPI提供情報の真実性、信用性、正確性、有用性
(2) APIまたはAPI提供情報の提供の継続性、安定性
11-2. JSTは、以下の各項目についてAPIを利用することによって生じるあらゆる損害ならびにクレーム等について一切責任を負いません。
(1) APIの提供を停止、中断または終了したことにより生じた一切の損害
(2) API提供情報の内容または当該情報を更新しなかったことにより生じた一切の損害
(3) APIの利用またはAPI利用登録により生じた一切の損害
(4) 認証キーの盗用、不正使用、その他の理由により本API利用者以外の者が認証キーを利用することにより生じた一切の損害

12. 本API規約の変更

JSTは、いつでも、本API規約を変更することができるものとします。JSTは、本API規約の改正を行った場合には、遅滞なくJ-GLOBAL上に掲載し、公表するものとします。

13. 損害賠償等

API利用者は、本API規約に違反して、JSTまたは第三者に損害を与えた場合、その責任と費用でこれを賠償するものとします。API利用者がAPIを利用することにより第三者(API利用者のWEBサイトのエンドユーザ等を含みます。)との間で生じたクレーム、紛争等については、API利用者が当該第三者との間で処理、解決するものとし、JSTに対して一切迷惑をかけないものとします。

14. 準拠法および裁判管轄

本API規約は、日本法に準拠するものとします。API利用者とJSTの間でAPIの利用に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

15. 本API規約の優先

本API規約に他の国の言語の訳文が作成される場合があります。本API規約とその訳文の間に矛盾が生じた場合には、本API規約が優先します。

 

2010年3月1日制定
2015年4月1日改定
2016年3月28日改定
2018年10月12日改定
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
科学技術総合リンクセンター J-GLOBAL

J-GLOBAL WebAPI利用規約

科学技術総合リンクセンター(以下「J-GLOBAL」といいます。)は、国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」といいます。)が運営する情報提供サービスです。
J-GLOBAL WebAPI利用規約(以下「本API規約」といいます。)は、J-GLOBALのアプリケーション・プログラミング・インターフェース(以下「API」といいます。)を利用する利用者(以下「API利用者」といいます。)の遵守すべき事項を定めるものです。ご利用の際は、以下の本API規約をよくお読みになり、同意の上、所定の利用登録を行ってください。
なお、本API規約の他、J-GLOBAL利用規約、およびAPIからリンクされた他サイトや利用する個別サービスの利用規約が存在する場合は、それらの利用規約にそれぞれ従ってください。

1. 利用登録

1-1. APIの利用希望者は、本APIの利用登録(以下「API利用登録」といいます。)として、メールアドレス、アカウント情報およびAPIを利用するURL(以下これらを併せて「登録情報」といいます。)を登録し利用申請を行い、JSTの承認がなされた後に認証キーの発行を受けることが必要です。
1-2. APIの利用希望者は、APIの利用申請をした時点で、本規約に同意したものとみなします。
1-3. JSTは、JSTが不適切と判断した場合、API利用申請を拒絶することができるものとします。また、API利用登録の承認後であってもJSTが不適切であると判断した場合は、JSTは本規約に基づき、API利用者の登録を取り消すことができます。
1-4. API利用希望者および利用者は、JSTによるAPI利用申請の拒絶ならびに登録の取り消しに対し、異議を述べないものとします。
1-5. API利用申請に際しては、利用希望者本人が自分の情報を正確に入力し、登録するものとします。本人以外の情報の登録や代理人による登録は一切認められません。
1-6. API利用者は、API利用登録後、登録情報に変更が生じた場合には、直ちに登録情報の変更を行うものとします。

2. 認証キー

2-1. JSTは、APIが利用される際に、入力された認証キーがAPI利用者のものと一致することをJST所定の方法で確認した場合、当該API利用者による利用があったものとみなします。
2-2. API利用者は発行された認証キーの管理責任を負います。発行された認証キーの第三者への譲渡・貸与・開示は行ってはなりません。
2-3. API利用者は、認証キーの管理不十分・使用上の過誤・第三者の使用等に起因する損害について、API利用者自ら責任を負うものとします。また、認証キーが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、速やかにJSTに連絡しなければなりません。
2-4. 認証キーが不正利用され、API利用者自身の損害もしくは第三者への損害が発生した場合でも、JSTは一切の責任を負いません。
2-5. JSTは、API利用者が本API規約を遵守していないと判断した場合、事前に通知することなく、当該API利用者のAPI利用登録を抹消し、3-1のAPI利用権を終了させること、および当該API利用者のAPIの再利用登録を拒否することができるものとします。
2-6. JSTは、API利用者によるAPIの利用が一定期間確認できない場合は、当該API利用者のAPI利用登録を抹消し、3-1のAPI利用権を終了させることができるものとします。

3. ライセンス

3-1. JSTは、API利用者に対し、本API規約を遵守することを条件として、APIを利用して、J-GLOBALにおいて用いられているデータ、コード、イメージ、テキスト、コンテンツ、ツール、その他の情報(以下これらを総称して「API提供情報」といいます。)の一部を、非独占的に、かつ許諾時に提示する制約条件の範囲内で利用できる権利(以下「API利用権」といいます。)を許諾します。
3-2. API提供情報は、J-GLOBAL上で管理されるデータの全てにアクセスする権限が提供されるものではありません。
3-3. JSTは、理由の如何を問わず、その裁量によりいつでも、API利用者に事前に通知することなく、3-1.に基づき許諾したAPI利用権を終了させることができるものとします。

4. 知的財産権

4-1. API提供情報の著作権は、JSTを含む各情報の提供者が保有しています。
4-2. J-GLOBALのレイアウト、デザインに関する編集著作権、ならびに本サイトに係わるシステムの著作権その他J-GLOBALに関する一切の権利は、JST及びJSTが指定する者が保有しています。
4-3. 本APIの利用により、API提供情報、ならびに本サイトに関する知的財産権その他一切の権利がユーザおよび第三者に移転するものではありません。
4-4. API利用者は、API提供情報を利用する場合、JSTより提供されたものである旨を表示するものとし、J-GLOBALへのリンクを生成するものとします。

5. 利用方法

5-1. API利用者は、APIを利用したことにより得られた結果(以下「API利用結果」といいます。)を、API利用者のWEBサイト上に表示することができます。
5-2. API利用結果を表示するWEBサイトは、無償で利用できるものに限るものとし、有償利用のWEBサイトには表示できません。

6. 禁止事項

APIの利用について、JSTは以下の行為を禁止します。API利用者がこれらの禁止行為を行った場合、JSTは、事前に通知することなく、当該行為を排除するとともに、2-5.に記載の措置その他必要な措置を講ずることができるものとします。
6-1. API利用者は、誹謗中傷、名誉・信用毀損、その他JSTまたは第三者を害する態様で、APIまたはAPI提供情報を利用できません。
6-2. API利用者は、APIまたはAPI提供情報のいずれかに表示されまたは含まれる特許権、著作権、商標権その他の知的財産権の一切の表示を除去、隠蔽、または変更しないものとします。
6-3. API利用者は、法律、政令、規則、条例、国またはJSTが定めるその他の規定等(以下「法令等」といいます)に違反する方法または態様でAPIまたはAPI提供情報を利用しないものとします。
6-4. API利用者は、APIまたはAPI提供情報を、本API規約によって明確に許諾されている範囲を超えた利用はできません。また、API利用者は、JSTとAPI利用者の関係について虚偽のまたは誤認混同させるような表示や、アプリケーションの閲覧者がアプリケーションとJ-GLOBALを誤認混同するような方法または態様による利用をしないものとします。また、API利用者は、API利用者の主たるコンテンツとしてAPIを組み込まないものとします。
6-5. API利用者は、その目的の如何を問わず、APIまたはAPIのライセンスを、譲渡、賃貸、利用許諾、その他一切の処分をしないものとし、また、APIの利用または提供から一切収入を得ないものとします。
6-6. API利用者は、その目的の如何を問わず、API提供情報の全部または一部を、譲渡、賃貸、編集・加工・翻案その他の変更、再配信、利用許諾、その他一切の処分をしないものとし、また、API提供情報の利用または提供から一切収入を得ないものとします。
6-7. API利用者は、APIの情報を機械可読な状態でAPI利用者のサーバ等に保存またはキャッシュしないものとします。
6-8. API利用者は、以下の内容を含むアプリケーション上またはアプリケーション内で、APIまたはAPI提供情報を利用しないものとします。
(1) グロテスクまたはわいせつな表現、露骨な性描写のある表現
(2) 暴力的な表現、人種・性別・宗教・国籍・身体障害・性的嗜好または年齢等による差別的な表現
(3) 公序良俗・法令等等に違反し、またはそのおそれのある表現
(4) JSTまたは第三者の知的財産権、プライバシー権、肖像権その他の権利を侵害しているもの
(5) 真実でないもの
(6) コンピューターウィルス等ソフトウエア、ハードウエアまたは通信機器等の適切な動作を妨害、破壊もしくは制限し、またはそのおそれのあるもの
(7) その他JSTが不適当と判断したもの

7. JSTの権限

7-1. JSTは、API利用者のアプリケーション上もしくはアプリケーション内のリンクの品質と信頼性を確保するために必要と判断したとき、または、法令等もしくは本API規約の遵守、ならびにJST、API提供情報のAPI利用者、その他第三者の権利・財産・安全等を確保するために必要と判断したときには、API利用者のアプリケーションをクロールその他の方法でモニターし、JSTが必要と考えるその他の措置をとることができるものとします。
7-2. JSTは、APIの運用上必要と判断した場合には、事前に通知することなく、API利用者によるAPIの利用に一定の制約条件(たとえばAPIへのアクセス回数・アクセス時間の制限、API用のURLまたはAPI提供情報へのアクセス制限等)を変更することができるものとします。
7-3. JSTは、API利用者に対し、APIによって提供されたJAPI提供情報の掲載の中止を求めることができ、API利用者は、JSTから求められた場合には、直ちに当該情報の掲載を中止するものとします。
7-4. JSTは、利用状況の把握、ランキングの作成、ユーザ入力支援等のサービス向上に資するため、アクセスログ(アクセスされた方のドメイン名・IPアドレス・ブラウザ・アクセス日時等)を取得します。

8. 調査・アンケート等

JSTは、API利用者にJSTが実施するJ-GLOBALに関する調査、アンケート等に協力をお願いすることがあります。

9. APIの提供の停止、中断、終了

JSTは、事前に通知することなく、保守点検、故障への対応、その他必要のある場合はいつでもAPI利用者に対するAPIの全部または一部の提供を停止または中断または終了することができるものとします。

10. 個人情報

APIユーザは、個人情報について以下の各号に従って取り扱われることを了解するものとします。
(1) API利用者の登録情報に含まれる個人情報は、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律およびJSTが別途定めるプライバシーポリシー(http://www.jst.go.jp/privacy.html)に則り、APIの適切かつ円滑に運用するために使用するものとします。
(2) JSTはJ-GLOBALの運用および運営する場合に、保護措置を講じた上で、API利用者の個人情報を当該業務委託先に預託することがあります。

11. 免責事項

11-1. JSTは、以下の項目について一切保証しません。
(1) APIまたはAPI提供情報の真実性、信用性、正確性、有用性
(2) APIまたはAPI提供情報の提供の継続性、安定性
11-2. JSTは、以下の各項目についてAPIを利用することによって生じるあらゆる損害ならびにクレーム等について一切責任を負いません。
(1) APIの提供を停止、中断または終了したことにより生じた一切の損害
(2) API提供情報の内容または当該情報を更新しなかったことにより生じた一切の損害
(3) APIの利用またはAPI利用登録により生じた一切の損害
(4) 認証キーの盗用、不正使用、その他の理由により本API利用者以外の者が認証キーを利用することにより生じた一切の損害

12. 本API規約の変更

JSTは、いつでも、本API規約を変更することができるものとします。JSTは、本API規約の改正を行った場合には、遅滞なくJ-GLOBAL上に掲載し、公表するものとします。

13. 損害賠償等

API利用者は、本API規約に違反して、JSTまたは第三者に損害を与えた場合、その責任と費用でこれを賠償するものとします。API利用者がAPIを利用することにより第三者(API利用者のWEBサイトのエンドユーザ等を含みます。)との間で生じたクレーム、紛争等については、API利用者が当該第三者との間で処理、解決するものとし、JSTに対して一切迷惑をかけないものとします。

14. 準拠法および裁判管轄

本API規約は、日本法に準拠するものとします。API利用者とJSTの間でAPIの利用に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

15. 本API規約の優先

本API規約に他の国の言語の訳文が作成される場合があります。本API規約とその訳文の間に矛盾が生じた場合には、本API規約が優先します。

 

2010年3月1日制定
2015年4月1日改定
2016年3月28日改定
2018年10月12日改定
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
科学技術総合リンクセンター J-GLOBAL