研究者
J-GLOBAL ID:200901002716582087   更新日: 2021年02月03日

大野 誠

オオノ マコト | OHNO MAKOTO
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (3件): 科学・技術・工芸史 ,  近代イギリス史 ,  西洋近代史
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2014 - 2018 近代イギリスにおける科学の制度化と公共圏
  • 2012 - 2015 日本化学の転換点としての1930~60年の比較科学史的研究
  • 2009 - 2013 ニュートンの『光学』と錬金術
  • 2007 - 2009 ヨーロッパ「歴史の場」に関する研究
  • 2002 - 2006 近代イギリスにおける「公共圏」・中間団体・権力
全件表示
論文 (25件):
もっと見る
MISC (46件):
  • エジャトン『戦争国家イギリス』. 化学史研究. 2020. 173. 194-195
  • 科学史の名著: Morris Berman, Social Change and Scientific Organization. 化学史研究. 2020. 172. 133-135
  • (書評)Agusti Nieto-Galan著 Science in the Public Sphere: A History of Lay Knowledge and Expertise (2016). 化学史研究. 2018. 162. 43-44
  • Preface, Makoto Ohno (ed.) Institutionalization of Science and Public Sphere in the Modern Britain. 科研費報告書. 2018. 1-4
  • (書評)P. Morris著The Matter Factory. 化学史研究. 2017. 158. 43-45
もっと見る
書籍 (22件):
  • 近代イギリス科学の社会史
    昭和堂 2021
  • ワットとスティーヴンソン
    山川出版社 2017
  • 化学史事典
    化学同人 2017
  • D.ヘンプトン「第2章啓蒙主義と信仰」
    慶応義塾大学出版会 2013
  • 歴史の場:史跡・記念碑・記憶
    ミネルヴァ書房 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • 「近代イギリスにおける科学の制度化と公共圏」趣旨説明
    (第68回日本西洋史学会大会 2018)
  • 「近代イギリスにおける科学の制度化:専門分科と公共圏」趣旨説明
    (化学史学会2016年度年会 2016)
  • 「近代イギリスにおける科学の制度化:イギリス史研究の視点から」趣旨説明
    (化学史学会2015年度年会 2015)
  • 『化学史事典』編纂の現状と今後
    (化学史学会2013年度年会 2013)
  • 20世紀イギリスにおけるエリート科学者の輩出基盤
    (化学史学会2013年度年会 2013)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 1990 - 1991 名古屋大学大学院
  • 1985 - 1990 名古屋大学大学院 西洋史専攻
  • 1979 - 1982 東京大学大学院 科学史科学基礎論専攻
  • 1976 - 1978 名古屋大学大学院 化学工学専攻
  • 1975 - 1976 名古屋大学 化学工学科研究生(1年間)
全件表示
学位 (3件):
  • 修士(理学) (東京大学大学院)
  • 修士(工学) (名古屋大学大学院)
  • 学士(工学) (名古屋大学)
経歴 (7件):
  • 2018/04/01 - 現在 立正大学 文学部 史学科 教授
  • 1998/04 - 2018/03 愛知県立大学 外国語学部英米学科 教授
  • 2009/04 - 2012/03 愛知県立大学外国語学部長 部長(学部長含む)
  • 2009/04 - 2011/03 愛知県立大学大学院国際文化研究科長 部長(学部長含む)
  • 1996/04 - 1998/03 愛知県立大学 外国語学部英米学科 助教授・准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2017/01 - 現在 化学史学会 会長
  • 2016/06 - 日本18世紀学会 第38回大会(2016年6月愛知県立大学)開催準備委員
  • 2014/01 - 2016 日本18世紀学会 常任幹事
  • 2003/05 - 日本西洋史学会 第53回大会(開催校:愛知県立大学)準備委員会代表
所属学会 (10件):
日本科学史学会生物学史分科会 ,  日本科学史学会 ,  化学史学会 ,  Society for the History of Alchemy and Chemistry ,  History of Science Society(USA) ,  British Society for the History of Science ,  史学会 ,  日本西洋史学会 ,  日本産業技術史学会 ,  日本18世紀学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る