研究者
J-GLOBAL ID:200901005220730417   更新日: 2019年12月27日

真鍋 芳樹

マナベ ヨシキ | MANABE Yoshiki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 公衆衛生学・健康科学
研究キーワード (3件): 入学者選抜に関する調査・分析 ,  医療費分析 ,  保健政策の立案・評価
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2004 - 入学者選抜に関する調査・分析
  • 健診・医療・介護・死亡を突合した健康負荷に関する研究
  • 2005 - 現在歯数、歯周病の程度と医療費との関連分析
  • 生活習慣病の疫学
論文 (3件):
  • Sukegawa S, Yokota K, Kanno T, Manabe Y, Sukegawa-Takahashi Y, Masui M, Furuki Y. What are the risk factors for postoperative infections of third molar extraction surgery: A retrospective clinical study?. Med Oral Patol Oral Cir Bucal. 2019. 24. 1. 123-129
  • Sukegawa S, Kanno T, Manabe Y, Matsumoto K, Sukegawa-Takahashi Y, Masui M, Furuki Y. Is the removal of osteosynthesis plates after orthognathic surgery necessary? Retrospective long-term follow-up study. Int J Oral Maxillofac Surg. 2018. 47. 12. 1581-1586
  • Sukegawa S, Kanno T, Manabe Y, Matsumoto K, Sukegawa-Takahashi Y, Masui M, Furuki Y. Biomechanical Loading Evaluation of Unsintered Hydroxyapatite/poly-l-lactide Plate System in Bilateral Sagittal Split Ramus Osteotomy. Materials (Basel). 2017. 10. 7
MISC (6件):
書籍 (6件):
  • 平成25年度 香川県歯の健康と医療費に関する実態調査報告書
    2014
  • 平成26年度 香川県歯の健康と医療費に関する実態調査報告書
    2015
  • 平成27年度 香川県歯の健康と医療費に関する実態調査報告書
    2016
  • 平成28年度 香川県歯の健康と医療費に関する実態調査報告書
    2017
  • 平成29年度 香川県歯の健康と医療費に関する実態調査報告書
    2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 香川県国保レセプト情報から推計した生涯医療費の推移
    (第67回日本公衆衛生学会 2008)
  • 国保レセプトデータと介護給付費データを突合した要介護度別疾病受療状況
    (第68回日本公衆衛生学会 2009)
  • 死亡前1年間の医療費・介護費と生存者の医療費・介護費
    (第69回日本公衆衛生学会 2010)
  • 特定健診継続受診者のメタボリックシンドローム判定結果の推移と医療費との関連
    (第70回日本公衆衛生学会 2012)
  • レセプト情報の主病名と複数記載ICD傷病名との関連
    (第71回日本公衆衛生学会 2013)
もっと見る
Works (1件):
  • 香川県 歯の健康と医療費に関する実態調査
    2005 -
学歴 (3件):
  • 1975 - 1979 九州工業大学 工学部 環境工学科
  • 1979 - 1981 九州工業大学 大学院工学研究科修士課程 環境工学専攻
  • 1981 - 1985 徳島大学 大学院医学研究科博士課程 細菌学専攻
学位 (2件):
  • 医学博士
  • 工学修士
経歴 (3件):
  • 1985/04 - 1996/03 香川医科大学医学部 助手
  • 1996/04 - 2005/06 香川医科大学(香川大学)医学部 講師
  • 2005/06 - 現在 香川大学 教授
所属学会 (1件):
日本公衆衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る