研究者
J-GLOBAL ID:200901027546154843   更新日: 2013年08月07日

三木 正雄

ミキ マサオ | MIKI Masao
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://133.7.38.151/biophysi/
研究分野 (1件): 生物物理学
研究キーワード (7件): 筋収縮制御メカニズム ,  筋肉タンパク質 ,  アクチン ,  トロポミオシン ,  トロポニン ,  蛍光 ,  蛍光エネルギー移動
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • Dynamics of motor proteins
  • モ-タ-蛋白質の動的性質
  • Regulation mechanism of skeletal muscle studied by fluorescence measurements.
  • 蛍光測定による骨格筋制御機構の解明
MISC (98件):
書籍 (4件):
  • [7.4.4;生体高分子の立体構造解析], 生物工学実験書 改訂版
    培風館 2002
  • Structural changes between regulatory proteins and actin: A regulation model by tropomyosin-troponin based on FRET measurements., Molecular Interactions of Actin ( Results and Problems in Cell Differentiation, vol.36)
    Springer-Verlag, Berlin Heidelberg 2002
  • 蛍光色素, 蛍光分光とイメージングの手法
    学会出版センター 2006
  • アクチンの構造と機能, 生物物理ハンドブック
    朝倉書店 2007
講演・口頭発表等 (123件):
  • Thin filament上のトロポニンートロポミオシンのカルシウム濃度による位置変化
    (生体運動研究合同班会議 1998)
  • Structural changes between regulatory proteins and actin on skeletal muscle thin filament: a regulation model by tropomyosin- troponin based on FRET measurements.
    (Sydney University, Anderson Stuart Seminars 1998)
  • Tobacman変異トロポミオシンを使った骨格筋Thin filamentのF RET測定
    (生体運動研究合同班会議 1999)
  • ヒト羊膜によるエリスロポエチン産生
    (日本農芸化学会1999年度大会要旨集, 2p486D, 181 1999)
  • ヒト羊膜細胞の増殖誘導 セルセラピーを目指して
    (化学工学会第64年会要旨集, D320 1999)
もっと見る
Works (3件):
  • アクチンフィラメントの構造と動態の解析による筋収縮・調節機構の解明
    2004 - 2005
  • 分子スイッチ・トロポニンートロポミオシンの動的構造解析, 基盤研究(C)(一般)
    2008 -
  • 蛍光エネルギー移動測定による骨格筋の細いフィラメントのアトミックモデル構築, 基盤研究(C)(一般)
    2010 -
学歴 (3件):
  • - 1971 京都大学 理学部 物理学科
  • - 1971 京都大学 理学部 物理学科
  • - 1976 名古屋大学 理学研究科 物理学
学位 (1件):
  • 理学博士
経歴 (7件):
  • 1976 - 1978 名古屋大学大学院理学研究科, 日本学術振興会奨励研究員
  • 1979 - 1982 フランス科学院 分子生物物理研究所, 博士研究員
  • 1983 - 1985 三菱化成生命科学研究所, 特別研究員
  • 1985 - 1992 シドニー大学, 博士研究員
  • 1992 - 1998 福井大学, 助教授
全件表示
所属学会 (3件):
生物物理学会 ,  Biophysical Society (USA) ,  American Society for Biochemistry and Molecular Biology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る