研究者
J-GLOBAL ID:200901039670954643   更新日: 2021年12月10日

宇都木 繁子

ウツギ シゲコ | Utsugi Shigeko
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 遺伝育種科学 ,  分子生物学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (2件): 植物分子生物学 ,  Plant Molecular Biology
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • コムギにおける種子発芽機構に関する研究
  • Study of wheat seed germination
論文 (32件):
MISC (22件):
  • 宇都木繁子, 且原真木. シロイヌナズナ液胞膜型アクアポリンAtTIP3の水輸送活性をコントロールするC末端領域の解析. 日本植物生理学会年会(Web). 2021. 62nd
  • 宇都木繁子, 且原真木. シロイヌナズナ液胞膜型アクアポリン(AtTIPs)の水輸送活性の解析. 日本植物生理学会年会(Web). 2020. 61st
  • 宇都木繁子, 且原真木. オオムギ種子における液胞膜型アクアポリン(HvTIPs)の役割. 日本植物生理学会年会(Web). 2019. 60th
  • 宇都木繁子, 柴坂三根夫, 且原真木. 種子で発現するオオムギ液胞膜型アクアポリン(HvTIPs)のタンパク質間相互作用. 日本植物生理学会年会(Web). 2018. 59th
  • 宇都木繁子, 柴坂三根夫, 且原真木. オオムギ種子における液胞膜型アクアポリンの水輸送活性の調節. 日本植物生理学会年会要旨集. 2014. 55th
もっと見る
書籍 (1件):
  • 雑草学辞典
    日本雑草学会 2010
講演・口頭発表等 (49件):
  • シロイヌナズナ液胞膜型アクアポリンAtTIP3の水輸送活性をコントロールするC末端領域の解析
    (日本植物生理学会年会(Web) 2021)
  • シロイヌナズナ液胞膜型アクアポリン(AtTIPs)の水輸送活性の解析
    (日本植物生理学会年会(Web) 2020)
  • オオムギ種子における液胞膜型アクアポリン(HvTIPs)の役割
    (日本植物生理学会年会(Web) 2019)
  • 種子で発現するオオムギ液胞膜型アクアポリン(HvTIPs)のタンパク質間相互作用
    (日本植物生理学会年会(Web) 2018)
  • オオムギ種子における液胞膜型アクアポリンの水輸送活性の調節
    (日本植物生理学会年会要旨集 2014)
もっと見る
Works (4件):
  • (財)ウエスコ(宇都木)
    2010 - 2011
  • イネ科植物の水チャネル(液胞型アクアポリン)に関する分子生物学的研究
    2009 - 2010
  • 穀物種子の休眠形成と発芽調節機構に関する分子生物学的研究
    2008 - 2009
  • 岡山発これからの屋上ガーデン
    2009 -
学位 (1件):
  • 農学博士 (岡山大学)
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本育種学会 ,  日本遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る