研究者
J-GLOBAL ID:200901040424968110   更新日: 2019年09月25日

山崎 将紀

ヤマサキ マサノリ | YAMASAKI Masanori
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www2.kobe-u.ac.jp/~yamamasa/index.htmlhttp://www2.kobe-u.ac.jp/~yamamasa/index-e.html
研究分野 (1件): 遺伝育種科学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2017 - 情報・通信・制御の連携機能を活用した農作業システムの自動化・知能化による省力・高品質生産技術の開発
  • 2017 - 戦略的オミクス育種技術体系の構築
  • 2017 - 大規模な組換え自殖系統群を用いたモデルの検証
  • 2017 - 農業気象情報の創出と作物生育・病害虫発生予測モデルに基づく作物栽培管理支援システムの開発
  • 2016 - 情報・通信・制御の連携機能を活用した農作業システムの自動化・知能化による省力・高品質生産技術の開発
全件表示
論文 (40件):
  • Genetic and phenotypic assessment of sugar beet (Beta vulgaris L. subsp. vulgaris) elite inbred lines selected in Japan during the past 50 years. Breeding Science. 2019. 69. 255-265
  • S. Yabe, H. Yoshida, H. Kajiya-Kanegae, 山崎 将紀, H. Iwata, K. Ebana, T. Hayashi, H. Nakagawa. Description of grain weight distribution leading to genomic selection for grain-filling characteristics in rice. Plos One. 2018. 13. 11. e0207627
  • S. Okada, M. Sasaki, YAMASAKI MASANORI. A novel QTL qOPW11 associated with panicle weight affects panicle and plant architecture. Rice. 2018. 11. 53
  • T, Kuroha, K. Nagai, R. Gamuyao, D. R. Wang, T. Furuta, M. Nakamori, T. Kitaoka, K. Adachi, A. Minami, Y. Mori, K. Mashiguchi, Y. Seto, S. Yamaguchi, M. Kojima, H. Sakakibara, J. Wu, K. Ebana, N. Mitsuda, M. Ohme-Takagi, S. Yanagisawa, 山崎 将紀, R. Yokoyama, K. Nishitani, T. Mochizuki, G. Tamiya, S. R. McCouch, M. Ashikari. Ethylene-Gibberellin signaling underlies adaptation of rice to periodic flooding. Science. 2018. 361. 181-186
  • Satoshi OKADA, Akio ONOGI, Ken IIJIMA, Kiyosumi HORI, Hiroyoshi IWATA, Miki SUEHIRO, Wakana YOKOYAMA, YAMASAKI MASANORI. Identification of QTLs for rice grain size using a novel set of chromosomal segment substitution lines derived from Yamadanishiki in the genetic background of Koshihikari. Breeding Science. 2018. 68. 210-218
もっと見る
MISC (6件):
  • 山崎 将紀. 穀物における選抜遺伝子および農業形質関連遺伝子の解析手法の開発. 育種学研究. 2012. 14. 121-127
  • 山崎 将紀. 神戸大学の産官学連携による、神戸大ブランド日本酒造り. 日本醸造協会誌. 2012. 107. 347-348
  • 山崎 将紀. ゲノムの変化からみたトウモロコシの栽培化と育種. 蛋白質核酸酵素. 2007. 52. 1942-1946
  • YAMASAKI MASANORI, S. I. Wright, M. D. McMullen. Genomic screening for artificial selection during domestication and improvement in maize. Annals of Botany. 2007. 100. 5. 967-973
  • 山崎 将紀, 安井 秀. イネのウンカ類に対する殺卵作用の遺伝解析. 植物防疫. 2002. 56巻・479-482
もっと見る
書籍 (1件):
  • 植物学の百科事典
    丸善出版 2016 ISBN:978-4-621-30038-1
講演・口頭発表等 (139件):
  • A large scale screen for artificial selection in maize identifies candidate agronomic loci for domestication and crop improvement.
    (Plant & Animal Genomes XIV Conference 2006)
  • トウモロコシの農業形質に寄与する栽培化遺伝子・改良遺伝子のスクリーニング.
    (QTLゲノム育種研究センターセミナー 2006)
  • A large-scale screen for artificial selection in maize identifies candidate agronomic loci for domestication and crop improvement.
    (Domestication, super-domestication and gigantism: Human manipulation of plant genomes for increasing crop yield 2006)
  • 集団遺伝学的手法を利用したトウモロコシの農業形質に寄与する選抜遺伝子のスクリーニング.
    (ポストゲノム時代の統計遺伝学的アプローチ -今,何がどこまでできるのか?-. 2007)
  • トウモロコシの農業形質に寄与する選抜遺伝子のスクリーニング.
    (植物種内多様性研究の最前線:進化、生態、リソース、情報 2007)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2001 九州大学 大学院生物資源環境科学研究科博士課程生物資源開発管理学専攻修了
学位 (3件):
  • 学士(農学) (九州大学)
  • 修士(農学) (九州大学)
  • 博士(農学) (九州大学)
受賞 (8件):
  • 2017/12 - 日本育種学会 第132回講演会育種学会優秀発表賞 酒米品種「山田錦」の心白発現QTLであるqWCY6の高精度マッピングへ向けた表現形質評価方法の検討
  • 2016/06 - 日本育種学会 第129回日本育種学会優秀発表賞 日本水稲Nested Association Mapping集団による農業形質の遺伝解析
  • 2016/06 - 日本育種学会 第129回日本育種学会優秀発表賞_ GWAS解析を用いたイネ農業関連遺伝子の単離
  • 2015/09 - 日本育種学会 第127回日本育種学会優秀発表賞 日本のイネ品種を用いたGWAS解析
  • 2015/09 - 日本育種学会 第128回講演会育種学会優秀発表賞 遺伝子ベース作物モデルで未知環境における後代集団の出穂を予測する
全件表示
所属学会 (1件):
日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る