研究者
J-GLOBAL ID:200901047999819081   更新日: 2020年06月07日

金澤 昭彦

カナザワ アキヒコ | Kanazawa Akihiko
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.risys.gl.tcu.ac.jp/Main.php?action=profile&type=detail&tchCd=5001798
研究分野 (4件): エネルギー化学 ,  電子デバイス、電子機器 ,  機能物性化学 ,  高分子材料
研究キーワード (2件): 機能材料化学 ,  高分子合成化学
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2018 - 2019 導電性ポリマー正極材を用いる車載用全固体電池の開発
  • 2017 - 2018 ポリ硫化炭素をビルディングブロックに用いるグラフェンのin-situ有機合成プロセスの開発
  • 2016 - 2018 有機プロトニクス:プロトン共役分子システムの開発
  • 2011 - 2015 新導電性ポリマーによるリチウムイオン蓄電デバイスの高出力・大容量化技術の開発
  • 2011 - 2013 レドックス機能をもつ有機イオウ導電性ポリマーの創製とリチウム電池正極材への応用
全件表示
論文 (57件):
MISC (69件):
  • T. Kuroiwa, Y. Kawauchi, R. Moriyoshi, T. Suzuki, A. Kanazawa. Preparation and Characterization of Chitosan-fatty Acid Complex Particles as a Novel Carrier Material for Hydrophobic Bioactive Molecules. The 14th International Chitin and Chitosan Conference & 12th Asia-Pacific Chitin and Chitosan Symposium. 2018. PA-49
  • Y. Okuyama, T. Kuroiwa, A. Kanazawa. Preparation of Monodisperse Solid-fat Microspheres and Their Stabilization by Surface Modification Using Chitosan. The 14th International Chitin and Chitosan Conference & 12th Asia-Pacific Chitin and Chitosan Symposium. 2018. PA-50
  • Miki Ito, Takashi Kuroiwa, Akihiko Kanazawa. High-Speed Analysis of Droplet Formation in Microchannel Emulsification Using Vegetable Oils. The 17th Congress of Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering. 2017. Micro-React-P10. 263
  • Kohei Takeda, Takashi Kuroiwa, Yoshihiro Aoki, Akihiko Kanazawa. Enzymatic Synthesis of Trehalose Esters via Lipase-Catalyzed Transesterification Using Triacylgrycerols with Different Acyl Groups. The 17th Congress of Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering. 2017. Nano-Mat-P8. 625
  • Maho Katayama, Takashi Kuroiwa, Toru Matsui, Akihiko Kanazawa. Effect of Hydration-Aggregation Treatment on the Esterification Activity of Lipases. 17th International Biotechnology Symposium 2016. 2016. No. 101
もっと見る
特許 (36件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • ポストリチウムに向けた革新的二次電池の材料開発
    NTS 2018
  • ”ファイバー”スーパーバイオミメティックス〜近未来の新技術創成〜
    NTS 2006
  • ”ファイバー”スーパーバイオミメティックス〜近未来の新技術創成〜
    NTS 2006
  • Molecular Switches
    Wiley-VCH 2001
  • 液晶材料研究の基礎と新展開
    シグマ出版 1998
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • 重点推進研究報告(1):機能性高分子研究室
    (第133回総研セミナー「総合研究所 研究成果報告会」 2018)
  • 有機電子デバイス開発に向けた導電性高分子の新展開
    (近畿大学分子工学研究所講演会 2018)
  • 高容量リチウムイオン電池用ポリ硫化炭素系正極材の開発
    (JST新技術説明会 2017)
  • 重点推進研究報告(2):機能性高分子研究室
    (第120回総研セミナー「総合研究所 研究成果報告会」 2017)
  • 重点推進研究における機能性高分子の研究戦略
    (第114回総研セミナー「有機機能分子の設計と電子光機能」 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1983 - 1985 静岡大学 工学部 合成化学科
  • 1978 - 1983 沼津工業高等専門学校 - 工業化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (6件):
  • 2009 - 現在 東京都市大学工学部エネルギー化学科 教授
  • 2008 - 2009 山形大学大学院理工学研究科 教授
  • 2007 - 2008 山形大学大学院理工学研究科 准教授
  • 2001 - 2007 山形大学工学部機能高分子工学科 助教授
  • 1995 - 2001 東京工業大学資源化学研究所 助手
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2011 - 2011 日本液晶学会 2011年日本液晶学会討論会実行委員会
  • 2010 - 2010 PMMA 組織委員
  • 2008 - 2010 日本接着学会 第23期評議員
  • 2009 - 2009 PMMA 組織委員
  • 2009 - 日本化学会 ナノテク・材料化学ディビジョン幹事
全件表示
受賞 (7件):
  • 2017/08 - 日本食品工学会2016年度論文賞 Formulation of Uniform-Sized Agar Gel Microbeads from Water-in-Oil Emulsion Prepared Using Microchannel Emulsification under Controlled Temperature
  • 2009/01 - 山形大学 研究教育表彰 一次元的な無水プロトン・電子両伝導チャンネルをもつ新規な燃料電池固体電解質の開発
  • 2008/07 - 山形大学 研究教育表彰 ナノ規則構造を有する機能性高分子材料の開発
  • 2007/03 - 山形大学 研究教育表彰 液晶化合物を用いる無水プロトン伝導体の開発
  • 2006/03 - 山形大学 研究教育表彰 非共有結合高分子の開発
全件表示
所属学会 (6件):
The International Liquid Crystal Society ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  日本液晶学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本接着学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る