研究者
J-GLOBAL ID:200901048775382156   更新日: 2020年05月31日

菅原 和孝

スガワラ カズヨシ | Sugawara Kazuyoshi
所属機関・部署:
職名: 教授,教授
研究分野 (2件): 自然人類学 ,  文化人類学、民俗学
研究キーワード (6件): 身体論 ,  会話分析 ,  コミュニケーション論 ,  認識人類学 ,  社会人類学 ,  文化人類学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 南部アフリカ狩猟採集民ブッシュマン(サン)のコミュニケーション、とくに会話・談話の分析。動物と人間の関わりの研究。身体性、感情、セクシュアリティに関する理論的研究。
論文 (23件):
  • Tanaka J, Sugawara K. An Encyclopedia of Gui and Gana culture and Society. Kyoto: Laboratory of Cultural Anthropology, Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University, 142 pages. 2010
  • 菅原和孝. 喪失の経験、境界の語り-グイ・ブッシュマンの死と邪術の言説. 田中雅一・松田素二編『ミクロ人類学の実践』世界思想社、71-108頁. 2006
  • Sugawara K. “Biologization of the Life World and the Implications of This \nfor Anthropological Thought". Deguchi (ed.), Circulation of Human Body Parts: Local, National and beyond, Tokyo:RILCAA Tokyo University of Foreign Studies, pp.63-73. 2005
  • Sugawara K. “Body Configuration as Resource in the Experience of 'the \nHunter aad the Hunted' : Narratives of the |Gui Bushmen" Sugawa. K. Sugawara(ed.), Construcion and Distribution of Body Resources: Correlations between Ecological, Symbolic and Medical Systems, Tokyo: RILCCA, Tokyo of Foreign Studies PP ・56-78. 2005
  • Sugawara K. “Introduction : Toward the Anthropological Understanding of \nBody Resources". K. Sugawara(ed.), Construction and Distribution of Body Resources: Correlations between Ecological, Symbolic and Medical Systems, Tokyo: RILCAA, Tokyo University of Foreign Studies, pp.1-6. 2005
もっと見る
MISC (18件):
  • Sugawara Kazuyoshi. The Repertoire of Body Metaphors and Their Usage in Everyday Discourse among the |Gui Former Foragers. The Fourth Tokyo International Workshop (共立女子大)において発表. 2011
  • 菅原和孝. 口頭発表「グイの動物談話にみる不可視の作用主」. 生態人類学会第16回研究大会、京都市、2011年3月19日. 2011
  • K Sugawara. Invisible Agents Referred to in the |Gui Oral Discourse Concerning Animals. 2010 年9 月6 日International Workshop on Comparative Pragmatics (マックスプランク研究所心理言語学部門、オランダ、ナイメーヘン) において発表. 2010
  • 菅原和孝. Personal Name as Mnemonic Device or Conversational Resource:A pragmatic/ ethnographic study on the naming practice among the |Gui and ||Gana San. 第11回国際語用論学会( オーストラリア、メルボルン) にて、 “Personal Name as Mnemonic Device or Conversational Resource:A pragmatic/ ethnographic study on the naming practice among the |Gui and ||Gana San" を発表. 2009
  • Sugawara K. How Is the Memory of Ritual Articulated with the Now-and- Here Context?: A reconstruction of the lost initiation ceremony of male. Gui Bushmen. H. Wazaki (ed.), Multiplicity of Meaning and the Interrelationship and the Subject and the Object in Ritual and Body Texts. Proceedings of the Eleventh International Conference Studies for the Integrated Text Science (21st Century COE Program. 2008
もっと見る
書籍 (47件):
  • 『ことばと身体-「言語の手前」の人類学』
    講談社 2010 ISBN:4062584816
  • 身体資源の共有
    弘文堂 2007 ISBN:4335510993
  • 資源人類学
    放送教育振興会、全206頁 2007
  • 身体化の人類学 -認知・記憶・言語・他者
    世界思想社。 2006
  • フィールドワークへの挑戦-〈実践〉人類学入門-
    世界思想社、全324頁 2006
もっと見る
Works (3件):
  • 身体資源の構築と配分における生態、象徴、医療の相互連関
    2002 - 2007
  • 相互行為の民族誌的記述:会話・規則・認知
    1999 - 2001
  • 変容する狩猟採集民サンの生態と社会に関する人類学的研究(文部省科学研究費国際学研究:研究代表者)
    1992 - 1994
学歴 (1件):
  • - 1981 京都大学 理学研究科 動物学
学位 (1件):
  • 理博
所属学会 (4件):
日本文化人類学会 ,  生態人類学会 ,  日本霊長類学会 ,  日本アフリカ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る