研究者
J-GLOBAL ID:200901066647164241   更新日: 2020年04月30日

吉永 潤

ヨシナガ ジュン | Yoshinaga Jun
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教科教育学、初等中等教育学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2022 社会科教育においてゲームの学習体験を事後の学びに生かすディブリーフィングの設計
  • 2018 - 2021 社会参加の主体性と協働的問題解決能力を育成する未来創出型社会科授業の開発
  • 2014 - 2017 社会科教育において競争的合意形成能力の育成をめざす交渉ゲームの開発と評価
  • 2011 - 交渉能力の育成をめざした社会科教育の理論研究と教育ゲームの開発、実施、評価
論文 (58件):
  • 吉永 潤, 馬場大樹, 大山正博, 武貞隆之, 菅慶子, 松山航平. Educational Effects of Active Learning in Succeeding Lessons;A Case Study of Game Use in a History Lesson Curriculum. ISAGA2108:International Conference Program Book. 2018
  • 吉永 潤, 馬場大樹, 大山正博, 佐藤美咲. The Effectiveness of Negotiation Games in Citizenship Education:An Examination on Diplomatic Negotiation Game INDEPENDENCE DAY in a Japanese High School. Intersections in Simulation and Gaming. 2018. 360-370
  • 吉永 潤. 公共的視野を伴って「決める」体験を組織する工夫. 社会科教育. 2017. 54巻. 9号. 24-27
  • 吉永 潤. 活動を深い学びにつなげるためには. 社会科教育. 2017. 2017年3月号. 38-41
  • 馬場大樹, 大山正博, 佐藤美咲, 吉永 潤. The Effectiveness of Negotiation Games in Citizenship Education in Japan : Through An Examination of Diplmatic Negotiation Game" Independence Day" in Japanese High School. Proceedings of The International Simulation & Gaming Association The 47th Conference 2016. 2016. 2016. 49-55
もっと見る
MISC (10件):
  • 吉永 潤. アクティブ・ラーニングで組織したいコミュニケーションの二類型. 社会科教育. 2016. 2016年5月号. 4-5
  • 吉永 潤. 社会科の学びに不可欠な学習者の多様性を生み出す. 社会科教育. 2015. No.680. pp.14-15
  • 吉永 潤. ”未来社会を構想する”アクティブ・ラーニング6-コミュニケーションゲームで育つ責任ある主権者. 社会科教育. 2015. No.677. pp.116-117
  • 吉永 潤. ”未来社会を構想する”アクティブ・ラーニング5-歴史のifをプレイする外交交渉ゲーム インディペンデンス・デイ(その3). 社会科教育. 2015. No.676. pp116-117
  • 吉永 潤. ”未来社会を構想する”アクティブ・ラーニング4-歴史のifをプレイする・外交交渉ゲーム インディペンデンス・デイ(その2). 社会科教育. 2015. No.675. pp.116-117
もっと見る
書籍 (15件):
  • 大学の学びを変えるゲーミング
    晃洋書房 2020
  • 社会科は「不確実性」で活性化する
    東信堂 2015
  • 新 社会科授業づくりハンドブック 中学校編
    明治図書 2015
  • 条約で読む日本の近現代史
    祥伝社 2014
  • 新しい公民教科書
    自由社 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • 「主体的・対話的で深い学び」を実現するためのワンポイントの工夫
    (令和元年度三木市学力サポート事業研究発表大会 2019)
  • 「その史実専用の知識」を超える学習材としての歴史ゲーム教材
    (全国社会科教育学会 第68回全国研究大会 2019)
  • 社会的な見方・考え方を働かせる授業づくりー社会の諸課題を解決する視点を踏まえてー
    (兵庫県立教育研修所 令和元年度地歴公民授業づくり講座 2019)
  • 「人間を選ぶ」判断力を育成する主権者教育の授業開発ー大学生の意識調査を通してー
    (全国社会科教育学会第67回大会 2018)
  • Developing School Lessons of Civic Education for Cultivating Ability of Judgement on 'Human Factors'
    (Second Interdisiplinary and Research Alumni Symposium iJaDe2018 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1990 東京大学 大学院教育学研究科第1種博士課程単位修得退学
学位 (1件):
  • 修士(教育学) (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る