研究者
J-GLOBAL ID:200901068917793451   更新日: 2020年12月04日

河野 敬一

コウノ ケイイチ | KONO Keiichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 地理学
研究キーワード (4件): 人文地理学 ,  歴史地理学 ,  Human Geography ,  Historical Geography
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2005 - 2008 公権力の空間認識に係る近代歴史地理学的研究
  • 1986 - わが国の近代移行期における都市の変容
  • 近代日本における大縮尺都市地図に関する歴史地理学的研究
  • Transformation of the Central Places during Japanese Modernization period
MISC (20件):
  • 河野敬一. 近代後期における地方有力者の空間認識と公権力への関わり. 人間科学. 2009. 27. 1. 63-72
  • Spatial Recognitions of the Local Influential Families and the Significance to their Participation in Governmental Authorities during the Latter Part of the Modernization Period. Human Science. 2009. 27. 1. 63-72
  • 河野敬一. 近代期における市街地図の刊行と利用-東京交通社による「職業別明細図」刊行の分析-. 人間科学. 2007. 25. 1. 5-21
  • Publication and the Use of Town Plan by the Private Enterprise during Modernization Period: An Analysis of List Making of the "SHOKUGYOBETSU-MEISAIZU" by "TOKYO KOTSUSHA". Human Science. 2007. 25. 1. 5-21
  • 河野敬一, 川崎俊郎. 鹿沼市中心市街地の変容(共著). 鹿沼市史研究紀要. 2001. 6. 182-205
もっと見る
書籍 (3件):
  • 景観形成の歴史地理学-関東縁辺の地域特性-(石井英也編:分担執筆)
    二宮書店 2008 ISBN:9784817603296
  • 近代日本の視覚的経験-絵地図と古写真の世界-(中西僚太郎・関戸明子編著:分担執筆)
    ナカニシヤ出版 2008 ISBN:9784779502798
  • 近代日本の地域形成-歴史地理学からのアプローチ-(山根拓・中西僚太郎 編著:分担執筆)
    海青社 2007 ISBN:9784860992330
講演・口頭発表等 (1件):
  • 近代期における地方有力者の動向に関する一考察
    (2008年日本地理学会春期学術大会、「公権力の空間認識と近代日本の国土形成」シンポジウム 2008)
学歴 (4件):
  • - 1990 筑波大学 史学専攻
  • - 1990 筑波大学
  • - 1986 筑波大学 人文学類史学専攻
  • - 1986 筑波大学
学位 (1件):
  • 文学修士 (筑波大学)
経歴 (10件):
  • 1997 - 現在 常磐大学 人間科学部
  • 1993 - 1997 国立公文書館 公文書研究職
  • 1993 - 1997 National Archives of Japan, Research Archivist
  • 1993 - 1993 筑波大学 助手
  • 1993 - 1993 Tsukuba University, Research Assistant
全件表示
委員歴 (1件):
  • 歴史地理学会 評議員・常任委員
所属学会 (4件):
信濃史学会 ,  歴史地理学会 ,  人文地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る