研究者
J-GLOBAL ID:200901069046450459   更新日: 2020年04月25日

野宮 大志郎

ノミヤ ダイシロウ | Nomiya Daishiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00015186.htmlhttp://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00015186.html
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (4件): 比較社会学 ,  市民社会論 ,  グローバリゼーション論 ,  社会運動論
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2007 - 2011 社会運動のグローバル化
論文 (19件):
  • 野宮 大志郎. 特集:大学と社会との新しい往還、教員・職員・学生の新しい関係. 大学時報. 2012. 344
  • 野宮 大志郎. ヌークリア(原子なるもの)の意味転換:「ヒロシマ」から「フクシ マ」への道. ソフィア. 2012. 59. 3
  • 野宮 大志郎. はじめに. G8メディア・ネットワーク2008活動報告書. 2009. 3-5
  • 野宮 大志郎. リスク社会と社会福祉:現代社会の相貌. 学術の動向. 2008. 8-9
  • 野宮 大志郎. 「社会運動論から社会理論へ」. 『社会学評論』.日本社会学会. 2006. 57. 2. 223-239
もっと見る
MISC (89件):
  • 野宮 大志郎. 熟議民主主義と社会活動:政治のコンテキストで考える. 学術の動向. 2015. 20. 3
  • Nomiya, Daishiro. Commentator on the panel discussion “Climate Change, Risks and Social Vulnerability.”. 2014
  • 野宮 大志郎. 特集 巻頭 東日本大震災とマイノリティ. 学術の動向2013年11月号. 2013
  • Nomiya, Daishiro, Isamu Sugino. Transforming the Subject: Changing Mentality in Anti-nuclear Movements in Post-war Japan. Presentation in the East Asian Sociologists Conference. “Dynamics of Convergence and Divergence: Changing Societies and Values in East Asia.” October 25-26, 2013. Seoul National University. Seoul, South Korea. 2013
  • Nomiya, Daishiro. Guest Speaker:Challenging Globalization: Sophia University’s Endeavor. 2013
もっと見る
書籍 (15件):
  • スクリブナー事典
    丸善出版 2016
  • うごきの場に居合わせる:公営団地におけるリフレクシヴな調査研究
    中央大学出版部 2016
  • 平和と安全保障を考える辞典
    法律文化社 2016
  • サミット・プロテスト:グローバル化時代の社会運動
    新泉社 2016
  • Farro, Antimo (ed.) <I>Movements, Culture and Global Transformations</I>.
    Ashgate Publishing, UK. Forthcoming. 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • Dance with the Devil:Between Hiroshima and Fukushima in Post-war Japan
    (East Asian Civil Society Dialogue on the Sphere of Intimacy:4th Hokkaido Dialogue 2016)
  • Globalizing Mentality?:Two Anti-Nuclear Campaigns in Japan
    (Sixth Multidisciplinary Science Forum 2015)
  • 挨拶と司会:大会特別シンポジウム「氾濫する『グローバル』:人材育成ver2」
    (人材育成学会第13回年次大会 2015)
  • Dancing with the Devil:Between Hiroshima and Fukushima in Post-war Japan
    (All India Sociological Conference 2015)
  • Future of East Asian Junior Sociologists:A Final Discussion
    (East Asia Junior Sociologists Conference 2015)
もっと見る
学歴 (5件):
  • - 1992 University of North Carolina at Chapel Hill Graduate School of Sociology
  • - 1985 慶應義塾大学 社会学研究科 社会学専攻
  • - 1980 慶應義塾大学 法学研究科 政治学専攻
  • - 1978 慶應義塾大学 法学部 法律学科
  • - 1973 兵庫県立豊岡高等学校
学位 (4件):
  • Ph.D. in Sociology (University of North Carolina at Chapel Hill)
  • Master in Sociology (University of North Carolina at Chapel Hill)
  • 社会学修士 (慶應義塾大学)
  • 政治学修士 (慶應義塾大学)
経歴 (9件):
  • 2015/04 - ~ 中央大学文学部 教授
  • 2014/04 - 2015/03 上智大学総合グローバル学部総合グローバル学科 教授
  • 2010/04 - 2015/03 明治大学政治経済学研究科
  • 2011/04 - 2012/03 学習院大学法学部
  • 2003/04 - 2008/03 明治大学政治経済学研究科
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2014 - 人材育成学会 副会長
  • 2011 - Southern Sociological Society(1988-1992, 2012-現在) International Editorial Board Member, <I>Social Forces</I>
  • 2011 - 日本学術会議 連携会員 社会学委員会社会理論分科会 委員
  • 2010 - 日本社会学会 機関誌 International Journal of Japanese Sociology 編集委員
  • 2010 - International Sociological Association Vice President. Research Committee 47
全件表示
受賞 (2件):
  • 1992 - Research Fellowship. "Popular Rebellion in Nineteenth-Century Japan."
  • 1988 - The Howard Odum Award. 1988
所属学会 (9件):
American Sociological Association(1988-1992, 1997-2001, 2010-現在) ,  Southern Sociological Society(1988-1992, 2012-現在) ,  日本社会学会 ,  数理社会学会 ,  International Sociological Association ,  人材育成学会 ,  East Asian Sociologists Network ,  社会学系コンソーシアム ,  日本学術会議 連携会員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る