研究者
J-GLOBAL ID:200901075757507232   更新日: 2018年10月22日

小野寺 理

オノデラ オサム | ONODERA Osamu
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://scholar.google.co.jp/citations?hl=ja&user=GlabWvwAAAAJ&view_op=list_works
研究分野 (5件): 放射線科学 ,  神経内科学 ,  神経解剖学・神経病理学 ,  人体病理学 ,  神経内科学
研究キーワード (35件): 脊髄小脳変性症 ,  神経変性疾患 ,  神経病態 ,  スプライシング ,  筋萎縮性側索硬化症 ,  TDP-43 ,  多系統萎縮症 ,  核内小体 ,  ALS ,  アプラタキシン ,  脳小血管 ,  封入体 ,  ポリグルタミン ,  DNA修復 ,  XRCC1 ,  グリア ,  HTRA1 ,  TGF-β ,  DNA損傷修復 ,  CAG繰り返し配列 ,  マイクロアレイ ,  炎症 ,  DRPLA ,  血管性認知症 ,  包括脳ネットワーク ,  MTOC ,  Huntington disease ,  aggresome ,  UPS ,  polygultamine ,  GFP ,  unfolding protein ,  intermediate filaments ,  天然変性蛋白 ,  CREB依存性転写
競争的資金等の研究課題 (42件):
  • 2018 - 2020 成人発症白質脳症の実際と有効な医療施策に関する研究班
  • 2017 - 2019 ポリグルタミン病に対する蛋白質凝集阻害薬の開発(大阪大学B-49)
  • 2017 - 2019 ゲノム編集を用いた優性遺伝性中枢神経疾患の治療方法の開発
  • 2017 - 2019 TGF-βシグナルを標的にしたCARASILの新規治療シーズの探索
  • 2014 - 2018 核酸代謝の乱れからみた蛋白質の老化基盤とその排除機構
全件表示
論文 (235件):
  • Miura T, Mezaki N, Konno T, Iwasaki A, Hara N, Miura M, Funayama M, Unai Y, Tashiro Y, Okita K, Kihara T, Ito N, Kanatsuka Y, Jones DT, Hara N, Ishiguro T, Tokutake T, Kasuga K, Nozaki H, Dickson DW, Onodera O, Wszolek ZK, Ikeuchi T. Identification and functional characterization of novel mutations including frameshift mutation in exon 4 of CSF1R in patients with adult-onset leukoencephalopathy with axonal spheroids and pigmented glia. Journal of neurology. 2018. 265. 10. 2415-2424
  • Ito J, Shimada T, Tada M, Shimizu H, Wakabayashi M, Yokoseki A, Onodera O, Takahashi H, Kakita A. Clinicopathologic Features of Two Patients With Sporadic Amyotrophic Lateral Sclerosis Who Maintained Communication Ability for Over 30 Years. Journal of neuropathology and experimental neurology. 2018
  • Yuki A, Shinkuma S, Hayashi R, Fujikawa H, Kato T, Homma E, Hamade Y, Onodera O, Matsuoka M, Shimizu H, Iwata H, Abe R. CADM1 is a diagnostic marker in early-stage mycosis fungoides: Multicenter study of 58 cases. Journal of the American Academy of Dermatology. 2018
  • Sakuma M, Kitamura K, Endo N, Ikeuchi T, Yokoseki A, Onodera O, Oinuma T, Momotsu T, Sato K, Nakamura K, Narita I. Low serum 25-hydroxyvitamin D increases cognitive impairment in elderly people. Journal of bone and mineral metabolism. 2018
  • Hatakeyama M, Sato T, Takahashi T, Kanazawa M, Onodera O, Nishizawa M, Shimohata T. Predictors of cognitive impairment in multiple system atrophy. Journal of the neurological sciences. 2018. 388. 128-132
もっと見る
MISC (628件):
もっと見る
特許 (2件):
学歴 (2件):
  • 1981 - 1987 新潟大学 医学部
  • 1989 - 1993 新潟大学 医学研究科
経歴 (4件):
  • 2002 - 2010 新潟大学脳研究所 准教授
  • 2010/10 - 2016/03 新潟大学 脳研究所 分子神経疾患 教授
  • 新潟大学 脳研究所 教授
  • 2016/04 - 現在 新潟大学 脳研究所 神経内科 教授
委員歴 (3件):
  • 2018/08 - 現在 Neurochemistry International Associate Editor
  • 2017/10 - 現在 日本認知症学会 理事
  • 2018/05 - 現在 日本神経学会 理事
受賞 (3件):
  • 2009 - 新潟大学 新潟大学学長表彰
  • 2008 - 日本神経学会 日本神経学会賞
  • 2002 - ベルツ賞 佳作賞
所属学会 (7件):
日本内化学会 ,  脳卒中学会 ,  神経治療学会 ,  日本神経科学会 ,  日本神経学会 ,  ASHG ,  Society of Movement Disorder
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る