研究者
J-GLOBAL ID:200901079956076572   更新日: 2021年02月18日

岡村 雅史

Okamura Masashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000070374775/
研究分野 (4件): 動物生産科学 ,  免疫学 ,  細菌学 ,  獣医学
研究キーワード (9件): サルモネラ ,  カンピロバクター ,  感染免疫 ,  食中毒 ,  家禽 ,  疫学 ,  人獣共通感染症 ,  宿主特異性 ,  感染
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2019 なぜひな白痢・家禽チフスは鳥類においてのみ発症するのか?~宿主規定因子の検索~
  • 2016 - 2017 卵胞へ移行し卵黄を構成するVLDLがサルモネラ鶏卵汚染に寄与するメカニズム
  • 2010 - 2013 肉用鶏農場のカンピロバクター汚染低減技術の確立等に関する研究
  • 2009 - 2012 腸内細菌叢の確立がカンピロバクターの鶏盲腸定着に及ぼす影響とその要因
  • 2008 - 2010 農場における鶏の食中毒菌汚染による食中毒発生に関するリスク評価法の確立
全件表示
論文 (51件):
もっと見る
MISC (36件):
書籍 (7件):
  • 動物の感染症<第四版>
    近代出版 2019 ISBN:9784874022504
  • 獣医公衆衛生学実習
    学窓社 2016 ISBN:9784873627519
  • 獣医免疫学
    緑書房 2015 ISBN:9784895311618
  • 獣医公衆衛生学 = Textbook of veterinary public health
    文永堂出版 2014 ISBN:9784830032509
  • 感染症検査実習マニュアル<獣医師高度技術研修対策事業>
    2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (170件):
  • 黄色ブドウ球菌感染が炎症性腸疾患モデルマウスに与える影響の解析(Staphylococcus aureus exacerbates colitis in an experimental model of inflammatory bowel disease)
    (第93回日本細菌学会総会(名古屋) 2020)
  • Salmonella Gallinarumのin vivo発現誘導抗原の鶏における病原性への寄与(Contribution of in vivo-induced antigens to pathogenicity of S. Gallinarum in chickens)
    (第93回日本細菌学会総会(名古屋) 2020)
  • 鶏卵・鶏肉関連食品由来感染症の現状と対策
    (令和元年度鶏病研究会北海道・東北地区技術研修会 2019)
  • 鶏由来黄色ブドウ球菌の病原遺伝子の解析および薬剤耐性菌の同定
    (第162回日本獣医学会学術集会(動衛研、つくば) 2019)
  • ブドウ球菌エンテロトキシンCはマクロファージ内での黄色ブドウ球菌の生存を増強させる
    (第162回日本獣医学会学術集会(動衛研、つくば) 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2002 大阪府立大学大学院 獣医学専攻
  • 1992 - 1998 北里大学 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (大阪府立大学)
経歴 (8件):
  • 2021/01 - 現在 帯広畜産大学 獣医学研究部門 教授
  • 2013/04 - 2020/12 北里大学 獣医学部 准教授
  • 2007/04 - 2013/03 北里大学 獣医学部 講師
  • 2006/04 - 2007/03 北里大学 獣医畜産学部 講師
  • 2005/01 - 2006/03 北里大学 獣医畜産学部 助手
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2018/04 - 現在 日本獣医学会 家禽疾病学分科会役員
  • 2017/10 - 現在 内閣府食品安全委員会 薬剤耐性菌に関するワーキンググループ 専門委員
  • 2015/09 - 現在 日本獣医学会 評議委員
  • 2009/04 - 現在 鶏病研究会 専門委員
  • 2020/01 - 2020/12 獣医学共用試験センター CBT委員会問題精選分科会(科目委員)
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/06 - 伊藤記念財団 第2回伊藤記念財団賞
所属学会 (7件):
獣医疫学会 ,  日本野生動物医学会 ,  鶏病研究会 ,  日本カンピロバクター研究会 ,  日本食品微生物学会 ,  日本細菌学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る