研究者
J-GLOBAL ID:200901084305943590   更新日: 2021年04月18日

安達 一寿

アダチ カズヒサ | Kazuhisa Adachi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 高等教育学 ,  教科教育学、初等中等教育学 ,  教育学 ,  教育工学 ,  学習支援システム
研究キーワード (7件): 高等教育学 ,  学習支援システム ,  教科教育学 ,  教育学 ,  科学教育 ,  教育工学 ,  教育情報学
論文 (53件):
  • 加藤亮介, 新行内康慈, 安達一寿, 川瀨基寛, 結束考典. 対話的な学びを支援するVR型教材の開発と評価. 教育情報研究. 2020. 35. 3. 31-43
  • 安達一寿, 石川敬史. これからの教育の変革に対応する学会活動への期待-これまでの学会誌や年会の分析を通して-. 教育情報研究. 2020. 35. 3. 15-22
  • 羽田邦弘, 安達一寿. 「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業改善に向けた教員研修の実施. 児童教育実践研究. 2020. 13. 13. 1-10
  • 安達一寿, 他16名. 地域志向科目のためのカリキュラムと実践状況. 十文字学園女子大学 地域志向教育研究プロジェクト 研究成果論文集2014~2018. 2019. 1. 1. 5-20
  • 安達一寿, 他2名. 地域活動に関する学生アンケートの集計. 十文字学園女子大学 地域志向教育研究プロジェクト 研究成果論文集2014~2018. 2019. 1. 1. 175-182
もっと見る
書籍 (23件):
  • 情報処理の基礎 第3版 表計算/Webページの基礎
    日経BP社 2015
  • 情報処理の基礎 第3版 文書作成/プレゼンテーション
    日経BP社 2015
  • 情報処理の基礎 第2版
    日経BP社 2013
  • ディジタル世代のための情報基礎
    ムイスリ出版株式会社 2012
  • 情報処理の基礎
    日経BP社 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (122件):
  • 国語教育におけるICTを活用した学びのふり返り -視覚情報を伴うふり返り活動が拓く学びの共有とその深化-
    (日本教育情報学会 年会論文集36,90-93 2020)
  • 学習者の性格特性からみるオンライン授業の適性について
    (日本教育情報学会 年会論文集36,234-235 2020)
  • 対話的な学びを支援するVR型教材「VRLS」の開発と評価
    (日本教育工学会 2019年秋季全国大会 2019)
  • 戦後日本における移動図書館への期待 -歌詞分析を通して-
    (日本教育情報学会 年会論文集35,336-337 2019)
  • 学習者の性格特性からみるアクティブラーニングの適正について
    (日本教育情報学会 年会論文集35,322-323 2019)
もっと見る
Works (31件):
  • 地(知)の拠点整備事業平成29年度実績報告書
    2018 -
  • 地(知)の拠点整備事業平成28年度実績報告書
    2017 -
  • 地(知)の拠点整備事業平成27年度実績報告書
    2016 -
  • 地(知)の拠点整備事業平成26年度実績報告書
    2015 -
  • 情報機器を活用した情報活用実践力の育成を目指した指導方法の開発
    2013 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2009 東京学芸大学大学院 博士課程 教育方法論講座(論文)
  • 1988 - 1990 東京学芸大学大学院 修士課程 理科教育専攻
  • 1984 - 1988 東京学芸大学 初等教育教員養成課程理科教育学科
学位 (2件):
  • 博士(教育学) (東京学芸大学大学院)
  • 修士 (東京学芸大学大学院)
経歴 (15件):
  • 2020/04 - 現在 十文字学園女子大学 社会情報デザイン学部 社会情報デザイン学科 教授
  • 2019/04 - 現在 十文字学園女子大学 副学長
  • 2011/04 - 2020/03 十文字学園女子大学 人間生活学部 メディアコミュニケーション学科 教授
  • 2009/10 - 2011/03 十文字学園女子大学 社会情報学部 教授
  • 2007/04 - 2009/09 十文字学園女子大学 社会情報学部 助教授・准教授
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 日本教育情報学会 副会長
受賞 (7件):
  • 2020/08 - 日本教育情報学会 論文賞 対話的な学びを支援するVR型教材の開発と評価
  • 2007/11 - 日本評価学会 日本評価学会奨励賞受賞 段階評価における項目の重み導入による三次元的分析の試み -大学における授業評価分析を事例として-
  • 2007/11 - 日本評価学会 奨励賞 段階評価における項目の重み導入による三次元的分析の試み -大学における授業評価分析を事例として-
  • 2007/04 - 財団法人松下教育研究財団 財団役員推薦による研究助成 情報モラルおよび確かな学力の習得を補完するeラーニング教材コンテンツの開発と授業方法の研究
  • 2006/05 - 財団法人松下教育研究財団 第13回研究開発助成 教員の協働による学校及び家庭学習を支援するeラーニングの研究
全件表示
所属学会 (6件):
教育システム情報学会 ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  日本教育情報学会 ,  日本教育工学会 ,  日本科学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る