研究者
J-GLOBAL ID:200901086057013923   更新日: 2020年06月04日

河本 敏郎

コウモト トシロウ | Kohmoto Toshiro
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2015 - 2018 テラヘルツFT-ESR分光法による磁場誘起量子臨界現象の解明
  • 2015 - 2017 テラヘルツパルス励起光検出磁気共鳴法の開発と励起スピン系機能物質の解明
  • 2012 - 2015 フェムト秒和周波量子ビート法の開発と励起スピン系機能物質の解明
  • 2011 - 光パルス励起テラヘルツFT-ESR法によるダイナミックスピン系の解明
  • 2010 - ライトシフト効果を用いたスピンの超高速光制御
全件表示
論文 (100件):
  • FUJIMOTO Keisuke, HASUNUMA Takashi, 河本 敏郎. Electric-field induced magnetization in YIG observed by Faraday rotation. J. Phys.: Conf. Ser. 2019. 1220. 012055
  • Hikita Ryo, TANIGUTI Hiroki, SHINKAI Takahiro, 河本 敏郎. Dynamics of the electric-field induced magnetization in antiferromagnetic chromium oxide observed by Faraday rotation. J. Phys.: Conf. Ser. 2019. 1220. 012017
  • 河本 敏郎. Observation of Ultrafast Magnon Dynamics in Antiferromagnetic Nickel Oxide by Optical Pump-Probe and Terahertz Time-Domain Spectroscopies. J. Infrared Milli. Terahz. Waves. 2018. 39. 77-92
  • 疋田 崚, 谷口 弘樹, 河本 敏郎. 反強磁性体Cr2O3における高速格子ダイナミクス. 光物性研究会論文集. 2018. 29. 93-96
  • 釋 佳祐, 澤田 幸宏, 鄭 旭光, 河本 敏郎. マルチフェロイック物質CuOにおける格子とスピンの超高速ダイナミクス. 光物性研究会論文集. 2018. 29. 241-244
もっと見る
書籍 (18件):
  • 改訂版 総合物理2
    数研出版 2018
  • 改訂版 総合物理1
    数研出版 2018
  • 改訂版 物理
    数研出版 2018
  • 改訂版 科学と人間生活 くらしの中のサイエンス
    数研出版 2017
  • 改訂版 新編 物理基礎
    数研出版 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (192件):
  • 反強磁性体Cr2O3における高速格子ダイナミクス
    (日本物理学会第74回年次大会 2019)
  • YIGにおける電場誘起磁化
    (日本物理学会第74回年次大会 2019)
  • Influence of Photo-excitation on Terahertz Waveform Transmitted through Silicon
    (7th Int. Workshop on Far-Infrared Technologies 2019)
  • CuOにおける格子とスピンの超高速ダイナミクス
    (日本物理学会第74回年次大会 2019)
  • 反強磁性体Cr2O3における高速格子ダイナミクス
    (若手フロンティア研究会 2018)
もっと見る
学位 (2件):
  • 理学修士 (京都大学)
  • 理学博士 (京都大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る