研究者
J-GLOBAL ID:200901086925021792   更新日: 2020年05月22日

留岡 和重

トメオカ カズシゲ | Tomeoka Kazushige
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2014 - 2017 炭素質コンドライトの最初期母天体プロセスの解明
  • 2008 - 炭素質コンドライトの高温下における衝撃履歴の解明
  • 2006 - 惑星系の起源と進化
  • 2005 - 惑星系の起源と進化
  • 2005 - 始原的隕石の衝撃履歴の衝撃実験による解明
論文 (22件):
もっと見る
MISC (2件):
  • ITOH Daisuke, TOMEOKA Kazushige. Nepheline formation in chondrules in CO3 chondrites: Relationship to parent-body thermal metamorphism. Evolution of Solar System Materials: A New perspective from Antarctic Meteorites. 2003. 45-46
  • OHNISHI Ichiro, TOMEOKA Kazushige. Hydrothermal alteration experiments of enstatite: Implications for aqueous alteration in CM and CV chodrites. Evolution of Solar System Materials: A New perspective from Antarctic Meteorites. 2003. 109-110
書籍 (1件):
  • 地球と宇宙の化学事典,項目「コンドライト」
    朝倉出版,日本地球化学会編 2012
講演・口頭発表等 (130件):
  • 炭素質コンドライト中のネフェリン形成過程: 再現実験によるアプローチ
    (日本地球惑星科学連合2016年大会 2016)
  • 月隕石に記録された水に富む月の上部マントル
    (日本地球惑星科学連合2016年大会 2016)
  • 月面における水の起源と水源地: 物質科学的見地からの検討
    (日本地球惑星科学連合2016年大会 2016)
  • NWA 1232 CO隕石中のCO3.0-likeクラストに見られる水質変成の痕跡
    (日本地球惑星科学連合2016年大会 2016)
  • コンドライト母天体内におけるコンドリュールの再配置モデル
    (日本惑星科学会 2015年年会 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1980 東京大学 大学院理学系研究科鉱物学専攻博士課程修了
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
受賞 (5件):
  • 2014/12 - 神戸大学研究基盤センター 神戸大学 若手フロンティア研究会 最優秀ポスター賞 Allende隕石中のdark clast微細組織観察による母天体形成説の検証
  • 2014/11 - 日本学術振興会 科学研究費・審査委員表彰 科学研究費・審査
  • 2014/05 - 日本地球惑星科学連合 学生優秀発表賞(宇宙惑星科学セクション) Allende隕石の水熱変成実験:隕石母天体の水質環境の解明を目指して
  • 2012/12 - 神戸大学研究基盤センター 若手フロンティア研究会 機器分析部門 優秀ポスター賞 アエンデ隕石中の特異なdark clast: 微細組織の観察による形成過程の推定
  • 2011/12 - 地球化学研究協会 地球化学研究協会学術賞「三宅賞」 分析電子顕微鏡および実験的手法による始原的隕石の形成・進化の研究
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る