研究者
J-GLOBAL ID:200901095974919477   更新日: 2020年03月16日

高村 仁知

タカムラ ヒトシ | Takamura Hitoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
ホームページURL (2件): http://www.food.nara-wu.ac.jp/foodcook/http://www.food.nara-wu.ac.jp/foodcook/
研究分野 (2件): 家政学、生活科学 ,  食品科学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1993 - 2010 近赤外分光法による食品分析
  • 1985 - 2010 大豆リポキシゲナーゼ系に関する研究
  • 2003 - 河川および土壌中の環境汚染物質に関する研究
  • 2000 - 食品のにおい成分に関する研究
  • 1998 - 食素材中の機能性成分と調理加工による変化に関する研究
全件表示
論文 (105件):
  • 高村仁知, 安藤真美, 北尾悟, 髙村仁知, 的場輝佳. 水煮調理における異なる調理手法別エネルギー使用量および蒸らし操作の有効性. 日本調理科学会誌. 2018. 51. 4. 223-228
  • 高村仁知. Children's Hair Mercury Concentrations and Seafood Consumption in Five Regions of Japan. 2018. 74. 2. 259-272
  • 高村仁知. Effects of Grilling on Total Polyphenol Content and Antioxidant Capacity of Eggplant (Solanum melongena L.). 2017. 82. 1. 202-207
  • 高村仁知, 水野千恵, 髙村仁知. ミネラルウォーターの硬度が無洗米飯の性状と嗜好性に及ぼす影響. 食品・臨床栄養. 2016. e2016. 1-12
  • 皆巳大輔, 西本登志, 安川人央, 東井君枝, 矢奥泰章, 清水浩美, 高村仁知. イチゴ栽培圃場内の異臭がイチゴの食味に及ぼす影響. 奈良県農業研究開発センター研究報告. 2016. 47. 29-33
もっと見る
MISC (7件):
  • 山口智子, 今井陽子, 明神千穂, 高村仁知, 的場輝佳. 市販野菜の抗酸化成分およびラジカル捕捉活性の季節変動と市場入荷量. 新潟大学教育学部研究紀要 自然科学編. 2018. 11. 1. 71-82
  • 草薙恵美子, 星信子, 陳省仁, 安達真由美, 高村仁知, 大石正. 子どもの気質発達についての学際的研究-予備調査結果をふまえて-. 國學院大學北海道短期大学部紀要. 2014. 31. 11-27
  • Change in the radical-scavenging activity of quercetin and epigallocatechin gallate during heat treatment. J. Home Econ. Jpn. 2004. 55. 3. 213-217
  • 高村仁知. 調理加工過程における食品の風味成分の変化に関する研究. 日本調理科学会誌. 2003. 36. 2. 95-99
  • 高村仁知. 市販弁当のミネラル含量. 日本調理科学会誌. 1999. 32. 4. 398-399
もっと見る
特許 (3件):
  • (品種登録)冬なら菜
  • (品種登録)夏なら菜
  • イソチオシアネート含量の測定方法
書籍 (24件):
  • 新しい食品加工学改訂第2版
    南江堂 2017 ISBN:9784524255610
  • 基礎調理学
    講談社 2017 ISBN:9784061553941
  • 三訂食品機能学
    光生館 2016 ISBN:9784332040590
  • 食物科学概論改訂版
    朝倉書店 2014 ISBN:9784254606263
  • 初めての栄養学研究論文 人には聞けない要点とコツ
    第一出版 2012 ISBN:9784804112657
もっと見る
講演・口頭発表等 (111件):
  • 幼児の毛髪微量元素濃度とその影響要因
    (環境ホルモン学会第21回研究発表会 2018)
  • イチゴの機能性および嗜好性成分の品種間差と季節変動
    (日本家政学会関西支部第40回研究発表会 2018)
  • グルテンフリー米粉パン調製における製パン条件の検討
    (日本食品科学工学会第65回大会 2018)
  • 揚げ物の嗜好と揚げ調理に対する意識
    (日本調理科学会平成30年度大会 2018)
  • グルテンフリー米粉パン調製における製パン条件の検討 スロージューサー残渣添加の影響
    (日本調理科学会平成30年度大会 2018)
もっと見る
Works (8件):
  • 高果糖液糖の特性を活かした食品の共同開発
    2014 - 2015
  • 奈良県産食素材の機能性と嗜好性を活かした食品の共同開発
    2012 - 2013
  • 奈良県産食素材の機能性と嗜好性を活かした食品の共同開発
    2011 - 2012
  • 大和マナの抗炎症機能等の評価及び栽培・食品への活用
    2010 - 2010
  • 大和マナの抗炎症機能等の評価及び栽培・食品への活用
    2009 - 2010
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1986 - 1989 京都大学 農学研究科 食品工学専攻
学位 (2件):
  • 農学修士 (京都大学)
  • 農学博士 (京都大学)
経歴 (13件):
  • 2015/04 - 奈良女子大学共生科学研究センター教授(兼担)
  • 2015/04 - 奈良女子大学大学院人間文化研究科教授(兼担)
  • 2015/04 - 奈良女子大学研究院生活環境科学系教授
  • 2012/04 - 2015/03 奈良女子大学研究院生活環境科学系准教授
  • 2007/04 - 2015/03 奈良女子大学共生科学研究センター准教授(兼担)
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2007/01 - 日本栄養・食糧学会 近畿支部参与
  • 2003/04 - 日本栄養改善学会 評議員
  • 1998/07 - 日本食品科学工学会 産官学交流委員会委員
  • 1991/04 - 日本調理科学会 近畿支部常任委員
  • 1991/04 - 日本調理科学会 理事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2005/08 - 日本食品科学工学会 日本食品科学工学会奨励賞
  • 2003/06 - アサヒビール学術振興財団 アサヒビール生活科学研究賞
  • 2002/09 - 日本調理科学会 日本調理科学会奨励賞
  • 2000/11 - 日本食品科学工学会 日本食品科学工学会NIR Advanced Award
所属学会 (10件):
American Oil Chemists' Society ,  Institute of Food Technologists ,  日本脂質生化学会 ,  日本油化学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本栄養改善学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本調理科学会 ,  日本家政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る