研究者
J-GLOBAL ID:200901096379439999   更新日: 2021年05月05日

菅野 純

カンノ ジュン | Kanno Jun
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
研究分野 (2件): 実験病理学 ,  人体病理学
研究キーワード (8件): 毒性学 ,  分子毒性学 ,  人体病理学 ,  実験病理学 ,  Human Pathology ,  Toxicology ,  Experimental Pathology ,  Molecular Pathology
論文 (201件):
  • Motoki Hojo, Yukio Yamamoto, Yoshimitsu Sakamoto, Ai Maeno, Aya Ohnuki, Jin Suzuki, Akiko Inomata, Takako Moriyasu, Yuhji Taquahashi, Jun Kanno, et al. Histological sequence of the development of rat mesothelioma by MWCNT, with the involvement of apolipoproteins. Cancer science. 2021
  • Dina Mourad Saleh, William T Alexander, Takamasa Numano, Omnia Hosny Mohamed Ahmed, Sivagami Gunasekaran, David B Alexander, Mohamed Abdelgied, Ahmed M El-Gazzar, Hiroshi Takase, Jiegou Xu, et al. Comparative carcinogenicity study of a thick, straight-type and a thin, tangled-type multi-walled carbon nanotube administered by intra-tracheal instillation in the rat. Particle and fibre toxicology. 2020. 17. 1. 48-48
  • Jonathan M Samet, Weihsueh A Chiu, Vincent Cogliano, Jennifer Jinot, David Kriebel, Ruth M Lunn, Frederick A Beland, Lisa Bero, Patience Browne, Lin Fritschi, et al. The IARC Monographs: Updated Procedures for Modern and Transparent Evidence Synthesis in Cancer Hazard Identification. Journal of the National Cancer Institute. 2020. 112. 1. 30-37
  • Richard Nock, Natalia Polouliakh, Frank Nielsen, Keigo Oka, Carlin R Connell, Cedric Heimhofer, Kazuhiro Shibanai, Samik Ghosh, Ken-Ichi Aisaki, Satoshi Kitajima, et al. A Geometric Clustering Tool (AGCT) to robustly unravel the inner cluster structures of time-series gene expressions. PloS one. 2020. 15. 7. e0233755
  • Kaoru Kobayashi, Jiro Kuze, Satoshi Abe, Shoko Takehara, Genki Minegishi, Katsuhide Igarashi, Satoshi Kitajima, Jun Kanno, Takushi Yamamoto, Mitsuo Oshimura, et al. CYP3A4 Induction in the Liver and Intestine of Pregnane X Receptor/CYP3A-Humanized Mice: Approaches by Mass Spectrometry Imaging and Portal Blood Analysis. Molecular pharmacology. 2019. 96. 5. 600-608
もっと見る
MISC (137件):
もっと見る
特許 (2件):
  • 遺伝子の絶対発現量測定方法
  • 高次元データを塊に分割する装置
書籍 (26件):
  • 組織病理カラーアトラス[Web付録付] 第3版
    2021
  • 難分解性ファイバーと中皮腫
    呼吸 2012
  • リスク評価の面から見た化学物質と放射線の共通点と差異 - その摺り合わせのたたき台として-
    日本リスク研究学会誌 2011
  • Percellome トキシコゲノミクスの進捗
    医学のあゆみ 2011
  • 高濃度にジアシルグリセロールを含む食品(エコナ)の毒性学的な考え方について
    臨床栄養 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (390件):
  • 代替試験法の問題点と今後の方向性 -毒性学的観点からの考察-
    (日本動物実験代替法学会第28回大会 2015)
  • Percellome Toxicogenomics Project
    (9th Congress of Toxicology in Developing Countries (CTDC9) 2015)
  • “Signal Toxicity” to study Endocrine Disruptors Issues and Children’s Toxicology, and to make molecular-based linkage with Classical Toxicology
    (2nd Malaysian Congress of Toxicology(MyCOT2015) 2015)
  • Important attributes of nanomaterials in predicting their long-term effects: In vivo studies
    (7th International Symposium on Nanotechnology, Occupational and Environmental Health (NanOEH 2015) 2015)
  • Percellome Toxicogenomics for Mechanistic Analysis Towards Chronic Toxicity by a Newly Designed Repeated Dose Study
    (51st Congress of the European Societies of Toxicology (EUROTOX2015) 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京医科歯科大学)
経歴 (35件):
  • 2021/04 - 現在 厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所 毒性部 客員研究員・名誉職員
  • 2021/01 - 現在 公益財団法人日産厚生会玉川病院 病理診断科 部長
  • 2020/04 - 2021/03 厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所 安全性予測評価部 客員研究員
  • 2016/04 - 2020/03 独立行政法人 労働者健康安全機構 日本バイオアッセイ研究センター 所長
  • 2002/07 - 2016/03 国立医薬品食品衛生研究所・毒生部・部長
全件表示
委員歴 (65件):
  • 2014/10 - 現在 日本学術会議 連携会員
  • 2014/08 - 現在 独立行政法人産業技術総合研究所 ナノテクノロジー標準化国内審議会委員会 環境・安全分科会委員
  • 2013 - 現在 EU NANOSOLUTIONS project International Advisory Group member
  • 2012/07 - 現在 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 低炭素社会を 実現する革新的カーボンナノチューブ複合材料開発プロジェクト研究評価委員会(分科会)委員
  • 2011/02 - 現在 環境省 中央環境審議会臨時委員環境保健部会所属臨時委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2014/07 - 日本毒性学会 2014年度日本毒性学会学会賞 医学・分子生物学・システムバイオロジーとの融合による毒性学リスク評価への 最適化とリスク評価への応用
  • 2013/06 - 日本毒性学会 平成25年度田邊賞 Development of humanized steroid and xenobiotic receptor mouse by homologous knock-in of the human steroid and xenobiotic receptor ligand binding domain sequence
  • 2011/07 - 日本毒性学会 第1回ファイザー賞 Induction of mesothelioma in p53+/- mouse by intraperitoneal application of multi-wall carbon nanotube
  • 2003 - 日本トキシコロジー学会度田邊賞(J.Toxicol.Sci., 27, No.2, 87-96, 2002)
  • 2003 - Award of The Japanese Society of Toxicology (J.Toxicol.Sci., 27, No.2, 87-96, 2002)
全件表示
所属学会 (20件):
日本分子生物学会 ,  日本中毒学会 ,  アジア毒性学会 ,  国際毒性学連盟 ,  日本実験動物学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本内分泌撹乱化学物質学会 ,  日本毒性病理学会 ,  日本病理学会 ,  日本癌学会 ,  日本毒性学会 ,  Internatinal Union of Toxicology ,  Japanese Association for Laboratory Animal Science ,  Japanese Society of Clinical Cytology ,  The Japan Endcrine Society ,  Japanese Society of Endocrine Disrupters Research ,  The Japanese Society of Toxicology Pathology ,  The Japanese Society of Pathology ,  The Japanese Cancer Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る