研究者
J-GLOBAL ID:201901014481908899   更新日: 2021年06月23日

大倉 季久

オオクラ スエヒサ | Ohkura Suehisa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (6件): ローカル・マーケット ,  森林 ,  埋め込み ,  社会学 ,  環境社会学 ,  経済社会学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2022 環境再生デザインの公共社会学:修復的環境正義の実践的理論構築に関する研究
  • 2011 - 2013 ローカル・マーケットの日独比較に基づく現代日本の森林荒廃問題の経済社会学的研究
論文 (11件):
もっと見る
MISC (9件):
  • 大倉季久. 「経済社会学」を教える. 経済社会学会ニューズレター. 2021. 69. 7
  • 大倉季久. 書評・マーク・グラノヴェター著『社会と経済:枠組みと原則』. 経済社会学会年報. 2020. 42. 195-196
  • 大倉季久・桃山学院大学社会学部大倉ゼミ(全116頁). 南大阪Foodies - vol.1 〈新しい食〉の探究者たち. 2020
  • 大倉季久. 書評リプライ・森林の危機の底流にある「分断の政治」を問う:平野氏の書評に応えて. 環境社会学研究. 2019. 25. 244-248
  • 木下栄二, 村上あかね, 阪口祐介, 高井昌吏, 吉田恵子, 角谷嘉則, 大倉季久. 社会調査教育の現段階と将来像:大学教育の転換期における教材・教授法の開発. 桃山学院大学総合研究所紀要. 2019. 44. 2. 83-106
もっと見る
書籍 (7件):
  • 南大阪コロナ戦記[食・農編](環境と経済のフィールドワーク4)
    桃山学院大学社会学部大倉研究室、全182頁 2021
  • 平成30年台風21号農業被害調査報告書(環境と経済のフィールドワーク3)
    桃山学院大学社会学部大倉研究室、全166頁 2019
  • 新世代農家のアイデンティティ:続・農業起業の社会学(環境と経済のフィールドワーク2)
    桃山学院大学社会学部大倉研究室、全176頁 2018
  • 森のサステイナブル・エコノミー:現代日本の森林問題と経済社会学
    晃洋書房 2017 ISBN:4771029385
  • 農業起業の社会学:キャリア・ネットワーク・サステイナビリティ(環境と経済のフィールドワーク1)
    桃山学院大学社会学部大倉研究室、全182頁 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • サステイナビリティが崩壊するとき-その経済社会学的な説明
    (第6回経済社会研究フォーラム 2020)
  • 共通論題「成長・連帯・持続可能性ー“豊かさ”の再考から」討論者
    (経済社会学会 第56回全国大会 2020)
  • 「個人化社会」における農産物市場と「新たな対抗関係」:「都市と農の新結合」をめぐって
    (有機農業研究学会「第2回農業と環境の持続可能性に関する研究会」 2017)
  • 森に見切りをつける理由:「森の所有者である」ということの現代的困難をめぐって
    (村落社会研究学会関西・東海地区研究会 2015)
  • その林業は持続可能ですか?:揺れる森林管理の現場から
    (NPO法人日本森林ボランティア協会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2009 法政大学大学院
  • 2001 - 2003 法政大学大学院
学位 (2件):
  • 博士(政策科学) (法政大学)
  • 修士(社会学) (法政大学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 立教大学 社会学部 現代文化学科 教授
  • 2013/04 - 2021/03 桃山学院大学 社会学部 准教授
  • 2009/04 - 2013/03 桃山学院大学 社会学部 講師
委員歴 (4件):
  • 2019/06 - 現在 環境社会学会 編集委員会・委員(事務局長)
  • 2015/06 - 2019/06 環境社会学会 編集委員会・委員
  • 2011/06 - 2015/06 環境社会学会 研究活動委員会・委員
  • 2011/04 - 2013/03 日本社会学会 若手フォーラム・メンバー
受賞 (1件):
  • 2007/11 - 日本社会学会 第6回日本社会学会奨励賞[論文の部]
所属学会 (3件):
経済社会学会 ,  日本社会学会 ,  環境社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る