研究者
J-GLOBAL ID:200901000193208132   更新日: 2021年04月08日

田中 大介

タナカ ダイスケ | Tanaka Daisuke
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
研究分野 (2件): 生物資源保全学 ,  遺伝育種科学
研究キーワード (7件): ヤマビル ,  組織培養 ,  生物多様性 ,  ガラス化 ,  超低温保存 ,  乾燥耐性 ,  遺伝資源保存
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 植物遺伝資源と共生微生物の二員超低温保存法の開発
  • 2015 - 2017 ショウジョウバエ始原生殖細胞の凍結保存と個体再生法の開発
  • 2011 - 2012 超急速冷却による植物多様性保全と高浸透圧耐性の研究
  • 2010 - 2011 ヤマビル汚染から白神山地を保護する研究
  • 2006 - 2009 環境保全技術としてのガラス化保存法に関する研究
全件表示
論文 (48件):
  • Daisuke Tanaka, Yoshinori Sakuma, Shin-ich Yamamoto, Miriam Valle Arizaga, Takao Niino, Toshikazu Matsumoto. Development of -80oC storage for Allium shoot tips using D cryo-plate method. Plant Cell, Tissue and Organ Culture (PCTOC). 2021. 144. 115-122
  • Shihomi Uzuhashi, Takayuki Aoki, Daisuke Tanaka. Potential use of seeds for long-term cryopreservation of oomycete cultures. Microb. Resour. Syst. 2020. 35. 2. 49-55
  • Toshikazu Matsumoto, Daisuke Tanaka, Kayo Yoshimatsu, Noriaki Kawano, Nobuo Kawahara, Shinya Maki, Shin-ichi Yamamoto, Takao Niino. Application of cryobanking for Platycodon grandiflorum in vitro axillary buds using cryo-plate methods. In Vitro Cellular & Developmental Biology - Plant. 2020
  • Kazuaki Matsumura, Sho Hatakeyama, Toshiaki Naka, Hiroshi Ueda, Robin Rajan, Daisuke Tanaka, Suong-Hyu Hyon. Molecular Design of Polyampholytes for Vitrification-Induced Preservation of Three-Dimensional Cell Constructs without Using Liquid Nitrogen. ACS Biomacromolecules. 2020. 21. 8. 3017-3025
  • 田中大介, 佐久間義範, 松村和明. Cryoprotective Effect of Carboxylated Poly-L-lysine on the Chrysanthemum Shoot Tips. 低温生物工学会誌. 2020. 66. 1. 45-49
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (8件):
  • Cryopreservation of Plant Genetic Resources
    Springer 2018
  • Manual of Cryopreservation Methods using Cryo-plate
    Plant Tissue Culture and Cryopreservation Group 2017
  • 香料を利用したヤマビル忌避剤の開発,~そのメカニズムは意外にも痛み刺激~
    Aroma Research 2013
  • ヤマビル前吸盤の温度感受性を利用した忌避剤の開発
    化学と生物 日本農芸化学会 2012
  • ジーンバンク事業における種子画像収集システムの開発
    農業技術 2009
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2004 岩手大学 生物資源科学専攻
  • 1999 - 2001 岩手大学 農林生産学
  • 1995 - 1999 東京農業大学 国際農業開発学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (岩手大学)
経歴 (8件):
  • 2019/04 - 現在 農業・食品産業技術総合研究機構 遺伝資源センター 上級研究員
  • 2015/10 - 2019/03 農業・食品産業技術総合研究機構 遺伝資源センター 研究員
  • 2013/03 - 2015/09 国立大学法人総合研究大学院大学 生命科学研究科基礎生物学専攻 助教
  • 2013/03 - 2015/09 自然科学研究機構基礎生物学研究所 IBBPセンター 助教
  • 2009/04 - 2013/03 秋田県立金足農業高等学校 教諭
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 日本農業教育学会 教材開発コンクール審査員
  • 2020/04 - 現在 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術専門家ネットワーク専門調査員
  • 2018/05 - 現在 Council Member Japanese Society for Cryobiology and Cryotechnology
  • 2018/05 - 現在 低温生物工学会 理事
  • 2015/09 - 現在 Councilor and Editor The Japanese Agricultural Education Society
全件表示
受賞 (8件):
  • 2021/03 - 園芸学会 令和2年度 園芸学会年間優秀論文賞 ニンニクを主としたネギ属作物のV cryo-plate法によるクライオバンキングへの適用
  • 2018/12 - 日本蚕糸学会 平成30年度日本蚕糸学会進歩賞(技術賞) Application of the V-cryoplate method for the cryopreservation of silkworm embryos
  • 2016/09 - 日本植物細胞分子生物学会 技術賞
  • 2011/08 - 第1回 高校生バイオサミット(慶応義塾大学主催) 優秀研究指導者表彰 受賞
  • 2010/09 - The 8th International symposium of Integrated Field Science Special Chairpersons Award
全件表示
所属学会 (10件):
日本農業教育学会 ,  国際低温学会 ,  園芸学会 ,  日本植物細胞分子生物学会 ,  低温生物工学会 ,  SOCIETY FOR CRYOBIOLOGY ,  日本蚕糸学会 ,  日本植物 バイオテクノロジー学会 ,  日本微生物資源学会 ,  農業生産技術管理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る