研究者
J-GLOBAL ID:200901000607972735   更新日: 2019年01月31日

村田 恵子

keiko murata
所属機関・部署:
職名: 助教
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2004 - 2006 小学校理科における地質ボーリング資料の利用とその教材化
論文 (18件):
  • 稲垣善茂, 村田恵子, 岩本哲幸. 南極大陸と地球温暖化を題材にした小学校理科の授業提案と指導法についての考察. 神戸女子大学文学部紀要. 2019. 52
  • 稲垣善茂, 岩本哲幸, 村田恵子. 情報通信技術(ICT)の積極的利用と理科概説授業に向けた改善. 神戸女子大学教育諸学研究. 2018. 31. 5-26
  • 前川寛和, 村田恵子. マリアナ前弧域直下の蛇紋岩化作用と低温高圧型変成作用. 地質学雑誌. 2017. 123. 10. 907-919
  • 地域の地形・地質を活かした大学での地学教育の試み. 地学教育と科学運動. 2017. 78. 55-63
  • 稲垣善茂, 村田恵子. 情報通信技術(ICT)の積極的利用と理科の実験授業での効果. 教育諸学研究. 2017. 30. 5-24
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 情報通信技術(ICT)の積極的利用と改善 〜理科の実験授業への最適化〜
    (平成29年度ICT利用による教育改善研究発表会(私立大学情報教育協会主催) 2017)
  • マリアナ前弧蛇紋岩海山野岩石学:ツインピークス海山と雷神海山から回収されたかんらん岩類に含まれる鉄に富むかんらん石
    (日本地質学会第119年学術大会 2012)
  • マリアナ前弧に分布する蛇紋岩海山中のかんらん岩の性質と蛇紋岩化作用
    (日本地質学会第116年学術大会 2009)
  • マリアナ前弧域ウェッジマントルカンラン岩の蛇紋岩化作用
    (日本鉱物科学会 2008)
  • マリアナ前弧のテクトニクス:KR06-15航海の成果
    (Blue Earth '08 第4回しんかいシンポジム 2008)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2004 - 2009 大阪府立大学大学院 理学系研究科 物質科学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪府立大学大学院)
経歴 (6件):
  • 2011/04/01 - 現在 神戸女子大学 文学部 教育学科 助教
  • 2009/10/01 - 2011/03/31 神戸女子大学 文学部 教育学科 研究助手
  • 2007/04/01 - 2009/09/30 神戸女子大学 文学部 教育学科 準研究助手
  • 2003/04/01 - 2007/03/31 神戸女子大学 文学部 教育学科 準助手
  • 1995/04/01 - 2003/03/31 神戸女子大学 文学部 教育学科 助手
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2013 - 現在 大学間連携共同教育推進委員会
所属学会 (4件):
日本鉱物科学会 ,  日本理科教育学会 ,  日本地質学会 ,  日本地学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る