研究者
J-GLOBAL ID:200901000925445787   更新日: 2021年04月15日

伊東 忍

イトウ シノブ | Itoh Shinobu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www-bfc.mls.eng.osaka-u.ac.jp/ItohLab/
研究分野 (4件): 生物分子化学 ,  無機・錯体化学 ,  生物有機化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (6件): 酵素活性中心モデル ,  反応機構 ,  酸化還元反応 ,  補酵素の化学 ,  錯体触媒化学 ,  小分子活性化
競争的資金等の研究課題 (44件):
  • 2016 - 2022 後周期遷移金属オキシラジカル錯体によるメタンの酸化反応
  • 2019 - 2021 新規な銅含有酸素添加酵素の精密モデル化とそれを用いた多糖類の酸化的分解反応
  • 2017 - 2020 銅錯体による分子状酸素活性化の精密制御と応用
  • 2016 - 2019 新規単核銅オキシラジカル活性種の創成
  • 2014 - 2016 新規な生体関連単核銅活性酸素錯体の開発と応用
全件表示
論文 (322件):
もっと見る
MISC (18件):
もっと見る
書籍 (9件):
  • 生体分子反応を制御する : 化学的手法による機構と反応場の解明 日本化学会編(CSJ Current Review)
    化学同人 2020 ISBN:9784759813968
  • Structures, Functions, and Assembly of Tyrosinases and Hemocyanins
    John Wiley & Sons, Ltd 2017 ISBN:9781119159834
  • 続 実験を安全に行うために-基本操作・基本測定 編-(第4版)
    化学同人 2017 ISBN:9784759818345
  • フロンティア生物無機化学
    三共出版 2016 ISBN:9784782707562
  • Chemical Science of π-Electron Systems: Chapter 42. β-Diketiminates as Redox Non-innocent Supporting Ligands in Coordination Chemistry
    Springer 2015 ISBN:9784431553571
もっと見る
講演・口頭発表等 (163件):
  • Catalytic Alkane Hydroxylation by Transition-metal/Acylperoxide Systems
    (American Chemical Society National Meeting (ACS Spring 2021) 2021)
  • New Insight into The Tyrosinase Mechanism
    (Korea-Taiwan-Japan Bioinorganic Chemistry Symposium, Taching, Taiwan 2019)
  • C-C Bond Formation Reaction Catalyzed by Cupric Superoxide Complex
    (7th Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC 2019), Kuala Lumpur, Malaysia 2019)
  • Phenol Oxygenation Mechanism at Dinuclear Copper Site in Tyrosinase
    (12th China-Japan Joint Symposium on Metal Cluster Compounds (CJJSMCC2019), Soochow University, China 2019)
  • Oxygen Activation Mechanism by Copper Monooxygenases and Models
    (15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC-15), Nara Kasugano International Forum, Nara 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1983 - 1986 大阪大学 応用精密化学専攻(博士課程)
  • 1981 - 1983 大阪大学 石油化学専攻(修士課程)
  • 1977 - 1981 大阪大学 石油化学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2008/10 - 現在 大阪大学 工学研究科 教授
  • 1999/10 - 2008/09 大阪市立大学 理学研究科 教授
  • 1995/06 - 1999/09 大阪大学 工学部 助教授
  • 1986/04 - 1994/05 大阪大学 工学部 助手
  • 1987/09 - 1988/09 カリフォルニア大学 サンディエゴ校 化学科 博士研究員
委員歴 (33件):
  • 2019/04 - 現在 Asian Conference of Coordination Chemistry (ACCC) International Committee Member
  • 2012/09 - 現在 ADHCO (Activation of Dioxygen & Homogeneous Catalytic Oxidation) International Advisory Board Member
  • 2010/09 - 現在 錯体化学会 アジア錯体化学連携研究教育機構 委員
  • 2009/05 - 現在 金属の関与する生体関連反応シンポジウム 評議委員
  • 1995/04 - 現在 酸化反応討論会 幹事
全件表示
受賞 (6件):
  • 2016/02 - インド化学会 Prof. Animesh Chakravorty Endowent Award
  • 2015/07 - 大阪大学 総長顕彰
  • 2015/03 - 日本化学会 学術賞 生体関連銅ー活性酸素錯体の化学的機能
  • 1992/02 - 有機合成化学協会 有機合成化学奨励賞
  • 1991/09 - 日本化学会 若い世代の特別講演者
全件表示
所属学会 (7件):
触媒学会 ,  Society of Biological Inorganic Chemistry ,  アメリカ化学会 ,  錯体化学会 ,  近畿化学協会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る