研究者
J-GLOBAL ID:200901001043416230   更新日: 2020年07月15日

植松 光夫

ウエマツ ミツオ | Uematsu Mitsuo
所属機関・部署:
職名: 総長
ホームページURL (2件): http://mits10.aori.u-tokyo.ac.jp/uelabo/http://mits10.aori.u-tokyo.ac.jp/uelabo/eng/index_e.html
研究分野 (3件): 宇宙惑星科学 ,  大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (4件): フューチャー・アース ,  衛星海洋学 ,  大気環境化学 ,  海洋生物地球化学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2006 - 2010 海洋表層・大気下層間の物質循環リンケージ
  • 2004 - 2007 海水中の硫化ジメチル生成、大気への放出、洋上硫酸エアロゾル形成に至る過程の解明
  • 2005 - 2005 生物駆動による海洋炭素循環の連続観測法
  • 2004 - 2004 海洋・大気間の物質相互作用研究計画(IGBP/SOLAS)の推進
  • 1998 - 2003 海洋大気エアロゾル組成の変動と影響予測
全件表示
論文 (2件):
  • Momoka Yoshizue, Yoko Iwamoto, Kouji Adachi, Shungo Kato, Siyi Sun, Kazuhiko Miura, Mitsuo Uematsu. Individual particle analysis of marine aerosols collected during the North-South transect cruise in the Paci c Ocean and its marginal seas. J OCEANOGR. 2019
  • Ippei Nagao, Young Joon Eum, Koji Suzuki, Yoko Iwamoto, Yuya Tada, Atsushi Tsuda, Koji Hamasaki, Mitsuo Uematsu, Yoko Iwamoto, Yuya Tada, Mitsuhiro Toratani. Biogenic sulfur compounds in spring phytoplankton bloom in the western North Pacific off the coast of northern Japan. Progress in Oceanography. 2018. 165. 145-157
MISC (33件):
  • Matsumoto K, Hayano T, Uematsu M:Positive artifact in the measurement of particulate carbonaceous substances using an ambient carbon particulate monitor. Atmospheric Environment. 2003. 37: 4713-4717
  • Matsumoto K, Uyama Y, Hayano T, Tanimoto H+, Uno I+, Uematsu M:Chemical properties and outflow patterns of anthropogenic and dust particles in Rishiri Island during the ACE-Asia Experiment. Journal of Geophysical Research. 2003. 108: doi:10.1029. 2003JD003426
  • Uno I+, Carmichael GR+, Streets D+, Satake S+, Takemura T+, Woo JH+, Uematsu M, Ohta S+:Analysis of Surface Black Carbon Distributions during ACE Asia using a Regional Scale Aerosol Model. Journal of Geophysical Research. 2003. 108: doi:10.1029. 2002JD003252
  • Matsumoto K, Uematsu M, Hayano T, Yoshioka K+, Tanimoto H+, Iida T+:Simultaneous measurements of particulate elemental carbon on the ground observation network over the western North Pacific during the ACE-Asia campaign. Journal of Geophysical Research. 2003. 108: doi:10.1029. 2002JD002744
  • Uno I+, Carmicahel GR+, Streets DG+, Tang SY+, Yienger JJ+, Satake S+, Wang Z+, Woo JH+, Guttikunda S+, Uematsu M, Matsumoto K, Tanimoto H+, Yoshioka K+, Iida T+:Regional Chemical Weather Forecasting using CFORS: Analysis of Surface Observations at Jap・・・. Journal of Geophysical Research. 2003. 108(D23), 8668, doi:10.1029/2002JD002845
もっと見る
Works (15件):
  • KH02-3次航海(白鳳丸)北太平洋
    2005 -
  • KT05-14次航海(白鳳丸)黒潮続流域
    2005 -
  • KH04-3次航海(白鳳丸)西武亜寒帯太平洋
    2004 -
  • KH04-1次航海(白鳳丸)日本南方の黒潮周辺海域および東シナ海
    2004 -
  • KT02-7次航海(淡青丸)伊豆七島周辺海域~三陸沖海域'2002
    2002 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1980 北海道大学 水産学研究科 水産化学
  • - 1975 北海道大学 水産学部 水産化学
学位 (1件):
  • 水産学博士 (北海道大学)
経歴 (10件):
  • 2019/04 - 現在 埼玉県環境科学国際センター 総長
  • 2010/04 - 2018/03 東京大学 教授、センター長
  • 1997 - 2004 東京大学海洋研究所付属海洋科学国際共同研究センター助教授
  • 2004 - - 東京大学海洋研究所付属海洋科学国際共同研究センター教授
  • 1992 - 1997 北海道東海大学工学部海洋開発工学科 教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2013/04 - 2015/03 日本海洋学会 会長
  • 2011/05 - 2013/04 日本大気化学研究会 会長
  • 1999 - 2002 日本エアロゾル学会 編集委員
  • 1997 - 2000 日本海洋学会 庶務幹事、評議員
  • 1994 - 1997 日本地球化学会 評議員、幹事
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018/04 - 公益財団法人海洋化学研究所 第33回海洋化学学術賞 海洋表層・大気下層間の物質循環に関する研究
  • 2016/08 - 日本国 海洋立国推進功労者(内閣総理大臣賞) 海洋・大気科学における多分野横断型研究
  • 2011/10 - 北太平洋海洋科学機構 PICES 2011 Science Board Best Presentation Award Potential importance of volcanic emissions on marine biogeochemical cycles and clouds over the North Pacific
  • 2009 - 日本海洋学会学会賞
  • 2004 - 日本地球化学会賞
全件表示
所属学会 (7件):
海洋化学研究所研究会 ,  日本大気化学研究会 ,  日本エアロゾル学会 ,  海洋学会(THE OCEANOGRAPHY SOCIETY) ,  米国地球物理連合(AMERICAN GEOPHYSICAL UNION) ,  日本地球化学会 ,  日本海洋学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る