研究者
J-GLOBAL ID:200901001514176692   更新日: 2020年05月20日

伊藤 操

イトウ ミサオ | Itoh Misao
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 材料加工、組織制御 ,  材料力学、機械材料
研究キーワード (2件): 塑性加工 ,  材料力学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • CIPによる機能焼結材料の開発
  • 切欠を有するAl合金の低サイクル疲労
  • 介在物を含む焼結金属の降伏と破壊に関する研究
  • 高発泡プラスチック材料の加工
論文 (23件):
もっと見る
MISC (5件):
講演・口頭発表等 (17件):
  • Fatigue Life of Notched Aluminum-alloy Subjected to Thermal History
    (Proc, of the 10th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics DVD論文集掲載 2015)
  • Fracture of Aluminum-alloy Plate with a Surface Flaw under Monotonic and Cyclic Bending
    (Proc, of the 9th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics 2014)
  • 高発泡ポリプロピレン板の変形特性
    (日本機械学会2014年度年次大会DVD論文集 2014)
  • 熱変形を利用した高発泡ポリプロピレン板の成形加工
    (平成26年度塑性加工春期講演会講演論文集 2014)
  • 熱変形を利用した高発泡EPP板の深絞り加工
    (日本機械学会、山梨講演会論文集 2012)
もっと見る
Works (1件):
  • 降伏点現象および不均一塑性変形を記述する多軸繰返し塑性モデルとその応用
    2000 -
学歴 (2件):
  • - 1979 広島大学 工学研究科 材料工学
  • - 1977 広島大学 工学部 精密工学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (広島大学)
  • 工学修士 (広島大学)
経歴 (6件):
  • 2007/04 - 現在 木更津工業高等専門学校 教授
  • 2006/04 - 2007/03 木更津工業高等専門学校 助教授
  • 1991 - 2006 千葉大学 助教授
  • 1988 - 1991 広島大学 講師
  • 1988 - 1991 広島大学
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2012/04 - 現在 日本塑性学会 代議員
  • 2012/04 - 現在 日本機械学会東関東支部 商議員
  • 2011/03 - 現在 日本工学教育協会 編集出版員会筆頭幹事
所属学会 (5件):
日本工学教育協会 ,  日本機械学会 ,  日本材料学会 ,  日本金属学会 ,  日本塑性加工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る