研究者
J-GLOBAL ID:200901001794809709   更新日: 2020年06月09日

田之倉 優

タノクラ マサル | Tanokura Masaru
所属機関・部署:
職名: 特任教授 名誉教授
ホームページURL (1件): http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/Yojokun/
研究分野 (3件): 食品科学 ,  生物物理学 ,  構造生物化学
研究キーワード (3件): 食品科学 ,  生物物理学 ,  構造生物化学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2000 - NMRによる食品の非破壊分析
  • タンパク質のX線結晶構造解析
  • 立体構造に基づいた新しい機能を持ったタンパク質の創製
  • 芳香族ニトロ(NO2)化合物分解酵素の応用
  • 立体構造に基づいた新機能性タンパク質の創製
全件表示
論文 (49件):
  • Nosaki S, Miyakawa T, Xu Y, Nakamura A, Hirabayashi K, Asami T, Nakano T, Tanokura M. Structural basis for brassinosteroid response by BIL1/BZR1. Nature plants. 2018. 4. 10. 771-776
  • Xu Y, Miyakawa T, Nosaki S, Nakamura A, Lyu Y, Nakamura H, Ohto U, Ishida H, Shimizu T, Asami T, Tanokura M. Structural analysis of HTL and D14 proteins reveals the basis for ligand selectivity in Striga. Nature communications. 2018. 9. 1. 3947
  • Takeuchi J, Jiang K, Hirabayashi K, Imamura Y, Wu Y, Xu Y, Miyakawa T, Nakamura H, Tanokura M, Asami T. Rationally Designed Strigolactone Analogs as Antagonists of the D14 Receptor. Plant & cell physiology. 2018. 59. 8. 1545-1554
  • Hatano KI, Takahashi K, Tanokura M. Bromein, a Bromelain Inhibitor from the Pineapple Stem: Structural and Functional Characteristics. Protein and peptide letters. 2018
  • Liang T, Miyakawa T, Yang J, Ishikawa T, Tanokura M. Quantification of terpene trilactones in Ginkgo biloba with a 1H NMR method. Journal of natural medicines. 2018. 72. 3. 793-797
もっと見る
MISC (44件):
特許 (5件):
書籍 (46件):
  • 4.8 発生と分化. 入門 構造生物学-放射光X線と中性子で最新の生命現象を読み解く-(高エネルギー加速器研究機構構造生物学研究センター編 加藤龍一編集)165-172
    共立出版, 東京 2010
  • Effects of functional antioxidants on age-related hearing loss. Biotechnology in Functional Foods and Nutraceuticals
    CRC Press, U. S. A. 2010
  • 老人性難聴におけるBak 依存性ミトコンドリアアポトーシスの役割
    実験医学 28 (6), 917-920 2010
  • Effects of caloric restriction on age-related hearing loss in rodents and rhesus monkeys.
    Curr. Aging Sci. 3 (1), 20-25. 2010
  • 近年の酵素・タンパク質結晶構造解析の進歩と展開
    日本結晶学会誌 52 (1), 8-13. 2010
もっと見る
Works (9件):
  • 創薬等支援技術基盤プラットフォーム
    2012 - 現在
  • ターゲットタンパク研究プログラム
    2007 - 2011
  • ターゲットタンパク研究プログラム「キラル化合物の産業生産に有用な酵素の触媒反応機構の解明と高機能化」
    2007 - 2011
  • ターゲットタンパク研究プログラム「乾燥・高温ストレス耐性作物の開発に役立つ転写制御タンパク質の構造・機能解析」
    2007 - 2011
  • タンパク3000プロジェクト「発生・分化とDNAの複製・修復」
    2002 - 2006
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1979 東京大学 理学系研究科 生物化学
  • - 1974 東京大学 理学部 生物化学
学位 (2件):
  • 理学修士 (東京大学)
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (6件):
  • 1994 - 1998 東京大学生物生産工学研究センター 教授
  • 1998 - - 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻 教授
  • 1993 - 1994 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 助教授
  • 1989 - 1993 東京大学理学部生物化学教室 講師
  • 1988 - 1989 順天堂大学医学部薬理学教室 講師
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2012/03 - 現在 日本農芸化学会関東支部 参与
  • 2004/10 - 現在 日本食品免疫学会 評議員
  • 1996/10 - 現在 日本生化学会 評議員
  • 2011/10 - 2013/09 日本生化学会 理事
  • 2009/01 - 2011/12 日本バイオイメージング学会 会長
全件表示
所属学会 (10件):
日本蛋白質科学会 ,  American Society of Biochemistry and Molecular Biology ,  Biophysical Society ,  American Crystallographic Association ,  Protein Society ,  日本動物細胞工学会 ,  日本バイオイメージング学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る