研究者
J-GLOBAL ID:200901002122444563   更新日: 2019年11月13日

渡部 敏裕

ワタナベ トシヒロ | Toshihiro Watanabe
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 植物栄養学・土壌学 ,  植物分子生物・生理学 ,  生態・環境
研究キーワード (33件): イオノーム ,  根圏 ,  イオノミクス ,  重金属 ,  イネ ,  有機酸 ,  アルミニウム ,  微量元素 ,  窒素固定 ,  養分欠乏 ,  ヒ素 ,  可給度 ,  重金属集積微生物 ,  モリブデン ,  超集積植物 ,  集積植物 ,  カドミウム ,  ファイトレメディエーション ,  重金属汚染土壌 ,  セシウム ,  三要素 ,  国際情報交換(ドイツ) ,  ナトリウム ,  土壌 ,  重金属耐性微生物 ,  必須元素 ,  ミヤコグサ ,  ICP-MS ,  リン ,  網羅的無機分析 ,  植物栄養学・土壌学 ,  植物生理学 ,  生態・環境
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2017 - 2019 分泌科学の新展開:農業生産への活用と生態学的機能
  • 2016 - 2018 樹皮組織のイオノミクス
  • 2015 - 2017 アルミニウム集積木本植物におけるアルミニウム集積機構および耐性機構の新たな展開
  • 2015 - 2017 植物において有害元素になぜ有益性が認められるのか
  • 2015 - 2017 膜脂質層の分子的改変による、イオンストレスマルチ耐性植物の創生
全件表示
論文 (90件):
  • Manami Fujiishi, Eriko Maejima, Toshihiro Watanabe. Effect of mixed cropping with lupin ( Lupinus albus L.) on growth and nitrogen uptake in pasture grasses grown under manure application. Archives of Agronomy and Soil Science. 2019. in press
  • T. Sugai, M. Kitao, T. Watanabe, T. Koike. Can needle nitrogen content explain the interspecific difference in ozone sensitivities of photosynthesis between Japanese larch (Larix kaempferi) and Sakhalin fir (Abies sachalinensis)?. Photosynthetica. 2019. 57. 2. 540-547
  • Tetsuto Sugai, Toshihiro Watanabe, Kazuhito Kita, Takayoshi Koike. Nitrogen loading increases the ozone sensitivity of larch seedlings with higher sensitivity to nitrogen loadin. Science of The Total Environment. 2019. 663. 1. 587-595
  • Ayan Sadhukhan, Takuo Enomoto, Yuriko Kobayashi, Toshihiro Watanabe, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Lingaraj Sahoo, Yoshiharu Y Yamamoto, Hiroyuki Koyama. Sensitive To Proton Rhizotoxicity1 Regulates Salt and Drought Tolerance of Arabidopsis thaliana Through Transcriptional Regulation of CIPK23. Plant and Cell Physiology. 2019. 60. 9. 2113-2126
  • Qingnan Chu, Zhimin Sha, Hayato Maruyama, Linzhang Yang, Gang Pan, Lihong Xue, Toshihiro Watanabe. Metabolic reprogramming in nodules, roots and leaves of symbiotic soybean in response to iron deficiency. Plant Cell and Environment. 2019. 42. 11. 3027-3043
もっと見る
MISC (61件):
もっと見る
特許 (1件):
  • セシウム吸着材、その利用、および、フィチン酸鉄塩の製造方法
書籍 (7件):
  • Sustainable Agriculture for Food, Energy, and Industry
    James & James Ltd. 1998
  • The Evolution of Plant Physiology. From whole plant to ecosystems
    Elsevier Academic Press 2004
  • 北海道農業と土壌肥料2010
    北農会 2010
  • Genetics, Genomics, and Breeding of Soybean
    CRC Press 2010
  • Principles, Application and Assessment in Soil Science
    IntechOpen 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • The mechanism of acid tolerance of Lycopodium cernuum L. grown in a solfatara field
    (Taiwan Japan Plant Biology 2017)
  • The characteristics of aluminum uptake in roots of Melastoma malabathricum, an aluminum accumulating plant
    (XV International Plant Nutrition Colloquium)
  • Comprehensive analysis of mineral elements in different plant species under N, P and K deficiencies
    (Rhizosphere 3 International Conference)
  • Rice root growth with increasing in plant hormone and allantoin by inosine in nutrient solution
    (International Plant Nutrition Colloquium XVI)
  • Possible reasons why aluminum is a beneficial element for Melastoma malabathricum, an aluminum accumulator
    (International Plant Nutrition Colloquium XVI)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
  • 修士(農学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2001 - 2002 科学技術振興事業団科学技術特別研究員(国際農林水産業研究センター) 研究員
  • 2002 - 2003 日本学術振興会科学技術特別研究員(国際農林水産業研究センター) 研究員
  • 2003/04 - 2012/07 北海道大学大学院(農学研究科・農学研究院) 助手・助教
  • 2012/08 - 現在 北海道大学大学院(農学研究院) 准教授
委員歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 日本土壌肥料学会 北海道支部評議員
  • 2017/10 - 2019/09 日本土壌肥料学会 第4部門 副部門長
  • 2016/12 - 現在 日本土壌肥料学会 代議員
  • 2016/10 - 2018/09 Soil Science and Plant Nutrition Editor
  • 2008 - 2010 日本土壌肥料学会 2010年度大会事務局庶務
全件表示
所属学会 (6件):
日本土壌肥料学会 ,  北海道土壌肥料懇話会 ,  "Archives of Agronomy and Soil Science" Editorial Board ,  日本分析化学会 ,  日本植物生理学会 ,  アメリカ植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る