研究者
J-GLOBAL ID:200901002243018014   更新日: 2020年09月01日

滝沢 進也

タキザワ シンヤ | Takizwa Shin'ya
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://webpark1866.sakura.ne.jp/
研究分野 (4件): 無機・錯体化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  電子デバイス、電子機器
研究キーワード (6件): 人工光合成 ,  光水素発生 ,  一重項酸素発生 ,  イリジウム錯体 ,  有機EL ,  Organic light-emitting diode
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 イオンペア形成に立脚したイリジウム増感剤の高機能化
  • 2020 - 2022 人工脂質二分子膜を活用した水の光分解システムの構築
  • 2019 - 2020 可視光吸収クロモフォアを集積させた新規イリジウム錯体の開発
  • 2017 - 2019 イリジウム錯体を増感剤とする光酸素発生反応の実現
  • 2015 - 2017 イリジウム錯体と分子触媒のイオンペアを活用した光水素発生系の開拓
全件表示
論文 (43件):
MISC (5件):
  • 滝沢 進也. イリジウム錯体の光増感剤としての機能開拓. 複合系の光機能研究会ニュースレター No. 5. 2017
  • Shin-ya Takizawa, Cesar Perez-Bolivar, Pavel Anzenbacher, Shigeru Murata. Cationic Iridium Complexes Coordinated with Coumarin Dyes - Sensitizers for Visible-Light-Driven Hydrogen Generation (vol 25, pg 3975, 2012). EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY. 2013. 19. 3439-3439
  • 滝沢進也, 村田 滋. イリジウム錯体の増感剤としての特長と可能性. MATERIAL STAGE. 2013. 13. 5. 13-15
  • Pavel Anzenbacher, Cesar Perez-Bolivar, Shin-ya Takizawa, Go Nishimura, Victor A. Montes. True-Blue Alq(3): Combined substituent effect in 8-hydroxyquinoline ligands on emission color and triplet energy tuning. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2010. 240
  • Pavel Anzenbacher, Grigory V. Zyryanov, Cesar Perez-Bolivar, Shin-ya Takizawa. N, N '-dicarbazolyl-4,4 '-biphenyl (CBP) isomers with high triplet energies as hosts for blue phosphorescence: Synthesis, spectroscopy, and OLEDs. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2010. 240
特許 (1件):
  • High-energy triplet host materials, luminescent layer comprising the same, and organic electroluminescent device comprising the luminescent layer
書籍 (1件):
  • 最先端の有機EL-基礎物理・材料化学・デバイス応用と解析技術-(安達千波矢・藤本 弘 監修)
    シーエムシー出版 2017
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 東京工業大学 物質電子化学専攻 博士後期課程
  • 2002 - 2004 新潟大学 物質制御科学専攻 博士前期課程
  • 1998 - 2002 新潟大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (3件):
  • 2009/09 - 現在 東京大学大学院総合文化研究科 助教
  • 2011/09 - 2011/11 オーフス大学(デンマーク) 訪問研究員
  • 2007/04 - 2009/08 ボーリンググリーン州立大学(米国) 博士研究員
委員歴 (4件):
  • 2019/10 - 現在 日本化学会 日本化学会春季年会プログラム編成委員【有機化学-反応と合成 有機光化学】
  • 2017/08 - 現在 複合系の光機能研究会 将来構想委員
  • 2010/10 - 現在 日本化学会春季年会プログラム編成委員【有機化学-構造と物性】
  • 2010/11 - 2012/10 日本化学会 関東支部代議員
受賞 (1件):
  • 2006/03 - 日本化学会 第86日本化学会春季年会「学生講演賞」 フェニルイミダゾピリジン配位子を有する燐光発光性イリジウム錯体の発光波長制御
所属学会 (4件):
複合系の光機能研究会 ,  錯体化学会 ,  光化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る